非接触ヒューマン・マシン・インターフェース MagiaTouch - マギアタッチ タッチレスで簡単な操作性を実現

MagiaTouch は、イスラエル Jungo Connectivity 社が開発した、ヒューマン・マシン・インターフェースです。最先端のディープラーニング、機械学習、コンピュータビジョンアルゴリズムを利用して、リアルタイムで人の年齢や性別、感情の推測、ジェスチャーや音声の検知をします。

MagiaTouch SDK を利用し、さまざまな機能を製品に付加することで、高い価値を持つ新たな製品やサービスの実現に役立てられます。また、タッチレスで操作が実現されることで、両手がふさがっていたり、手が汚れていたりしていて機器に触れられない状態でも、機器が操作できるようになります。

主な機能

  • 顔検知
  • 器官点(顔のパーツの位置)検知
  • ポーズ検知
  • 目の開閉度検知
  • 視線追跡
  • 個人認証、年齢推定、性別推定
  • なりすまし防止
  • 感情推測
  • 手・指の検知
  • ジェスチャー検知

主なインタラクション

  • 首振り
  • 視線コントロール
  • 手のジェスチャー
  • ボイスコマンド
  • パーソナライズ
  • コンテキスト分析
  • BOTとの相互やりとり

主な特長

最新テクノロジーを使用し、ソフトウェアのみでデータ解析

最先端のディープラーニング、機械学習、コンピュータビジョンアルゴリズムを利用。ソフトウェアのみで、ビデオストリームから人にまつわるさまざまなデータを解析します。

タッチフリーで自然なインタラクション

特別な器具を装着する必要はありません。カメラにうつる人は自然な状態のまま、カメラ入力のみの情報で状態検知を行います。手が汚れている場合などでも、機器操作ができます。

人物ごとの事前調整作業が不要

人物ごとに事前のキャリブレーションは必要ありません。また、帽子や眼鏡等着用時も状態検知が可能で、IRカメラのご利用でサングラスも利用可能です。

Windows、Android、Linuxに対応した実績あるSDK

既存の MagiaTouch SDK を利用することで、WindowsAndroid または Linux 上で、実験・検証や、実アプリケーションの開発をすぐに始められます。(Renesas、NXP、Intel、Qualcomm、Ambarella、NVIDIA などのCPUをサポート)

家電からスマホアプリまで、幅広い対象に適用可能

ソフトウェアライブラリであるMagiaTouchは適用する機器の形態を問いません。既存ユニットへの統合、単体デバイス、センサーデバイス、スマホアプリなど、さまざまな対象に応用が可能です。

RGB-IRカメラ対応で省電力、省コスト

RGBカメラと赤外線カメラを1台に統合したRGB-IRカメラにも対応しているため、消費電力の低減をはじめ、多くのメリットが得られます。

実現可能な機能例

KIOSK 端末や家電などの機器に導入すると、機器をタッチレスで操作できることで安全性や利便性を高めるなど、製品価値を高められます。また、製品と連動するサービス提供の可能性も広がり、新しい価値の創造に役立ちます。

  • 顔や目、ジェスチャーや声を使って機器をコントロール
  • 顔認証を使って提供機能や内容をパーソナライズ
  • 子供の使用制限
  • 人の気配で自動スイッチオン
  • 節電に役立つ自動調光
  • 人の気配なくついている機器のアラート通知
  • BOTを使った利用ガイド
  • BOTを使ったディスプレイ表示