ドライバーモニタリングシステム CoDriver

CoDriverは、イスラエル Jungo Connectivity社が開発した、画期的なドライバーモニタリングシステムです。最先端のディープラーニング、機械学習、コンピュータビジョンアルゴリズムを利用して、リアルタイムでドライバーや乗員の状況を高精度に検知します。

主な機能

  • 視線・まぶたの状況の検知
  • 顔の位置と向きの検知
  • 口元の状況の検知
  • 脇見の検知
  • 眠気の検知
  • 人物認識(偽装検知つき)
  • あらかじめ設定されたエリア(ミラー等)に視線があるかの情報
  • 物体の検知
  • 体の動きの検知と行動予測

※その他、さまざまな情報が取得できます。
※上記の状態検知は、ドライバーだけでなく複数の乗員に対して同時に行えます。

主な特長

  • 最先端のディープラーニング、機械学習、コンピュータビジョンアルゴリズムを利用。ビデオストリームをソフトウェアのみで解析し、高精度のドライバー状況をリアルタイムに検知します。
  • 特別な器具を装着する必要はありません。ドライバー・乗員は自然な状態のまま、カメラ入力のみの情報で状態検知を行います。
  • 人物毎に事前のカリブレーションは必要ありません。また、帽子や眼鏡等着用時も状態検知が可能で、IRカメラのご利用でサングラスも利用可能です。
  • 既成のCoDriver SDKを利用することで、Windows、AndroidまたはLinux上で、実験・検証や、実アプリケーションの開発をすぐに始めることができます。 (Renesas、NXP、Intel、Qualcomm、NVIDIA、他CPUをサポート)
  • CoDriverは、眠気・わき見のような上位レベルの状態検知のほか、ドライバーの視線・まぶたの状況・顔の位置向きなどの下位レベルの情報を提供します。お客様の用途に合わせてCoDriverをセンサーのような位置づけで利用することができます。
  • ソフトウェアライブラリであるCoDriverは機器形態を問いません。既存ユニットへの統合、単体デバイス、センサーデバイス、スマホアプリなど、さまざまな応用が可能です。
  • CoDriverはCES2017 Vehicle Intelligence部門においてイノベーションアワードを受賞しました

ご利用可能モード

CoDriverでは、用途に応じた複数のモードをご用意しています。

  • DMS:マスク・サングラスにも対応、顔認証を含む必要機能をすべて揃えたドライバーモニタリングフルバージョンモード
  • DMS Lite:ローパワーCPU向けにCPU負荷を最小限に抑えたドライバーモニタリング向けモード
  • Full Cabin:体の動きの検知と行動予測、シートベルトやスマートフォン等の物体検知を含むキャビンモニタリング向けモード
  • DashCam:全走行録画機能付き・複数カメラ対応のドライブレコーダー向けモード

ご利用例

  • 乗用車向けソリューション
    CoDriverから提供される、ドライバーの「顔の向き」「視線」「目の動き」「まばたき」「口元の状況」などのさまざまな情報を参照することで、より安全・快適な運転環境へ応用することができます。また乗員監視では、シートに座っている人の有無や人物識別により、シートベルト・空調・シートポジション・携帯機器接続など多様な応用範囲が考えられます。自動車メーカー・サプライヤーは、先進的なドライブ体験実現のためCoDriverをご活用いただけます。
  • 業務車両向けソリューション
    CoDriverは、バス・タクシー・トラックなどの業務用運転管理でも、リーズナブルで現実的なソリューションを提供します。ビデオカメラからの画像をソフトウェアのみで処理するCoDriverは、簡易な装置だけでドライバーのわき見・注意力や眠気などを検知し、ドライバーや運行会社に通知するシステムの構築が可能です。CoDriverにより、最先端の技術を使った高度なドライバーモニタリングシステムを短期間で実現することができます。
  • その他
    カメラ入力から人物の状態を検知するCoDriverは、自動車分野だけでなく、デジタルサイネージ・ロボティックス・監視カメラ・ゲームなど、多様なシーンへの応用が可能です。

製品を探す