OAM(ネットワークの運用・管理・保守) DC-BFD

DC-BFDは、Metaswitch Networks社が開発した、ネットワークの運用(Operations)・管理(Administration)・保守(Maintenance)を行うためのソフトウェアです。

製品ラインナップ

DC-OAM BFD (Bidirectional Forwarding Detection)

  • BFDセッションの生成、設定、破壊
  • BFDコントロールパケットの時間調整、暗号化、送信
  • 受信したBFDコントロールパケットの復号化、関連するBFDセッションとのマッチング
  • 全てのBFDセッションの状態の変更の見地およびレポート
  • BFDセッションおよび全体の運用の保守および統計情報の提供
  • 一般的なBFDアプリケーション: MPLS-TP

DC-ETH-CC (Ethernet OAM Fault Management Continuity Check)

  • ITU Y.1731 and IEEE 802.1ag

DC-ETH-LT (Ethernet OAM Fault Management Linktrace)

  • ITU Y.1731 and IEEE 802.1ag

DC-ETH-LB (Ethernet OAM Fault Management Loop Back)

  • ITU Y.1731 and IEEE 802.1ag

DC-ETH-DM (Ethernet OAM Performance Monitoring Delay Measurement)

  • ITU Y.1731

DC-ETH-LM (Ethernet OAM Performance Monitoring Loss Measurement)

  • ITU Y.1731

DC-OAM LSP Ping

  • Traceroute function and on-demand Connectivity Verification

関連製品

  • MPLS / GMPLS / MPLS-TP / 各種ルーティングプロトコルスタック 「DC-MPLS
  • レイヤー2プロトコルスタック 「L2スタック
  • レイヤー3プロトコルスタック 「L3スタック
  • PCE(経路計算) 「DC-PCE

製品を探す