OPC Classic⇔OPC UA変換ツール Matrikon® OPC UA Tunneller™ 既存資産を活用し、OPC UA導入を実現

産業用 IoT(IIoT) やドイツの Industrie 4.0 (Industry 4.0) の推進により、産業向けネットワークにおいても標準的で、機能性が高く、かつ相互運用性のあるネットワークプロトコルに対するニーズが高まっています。OPC Foundation が定めた次世代規格、OPC Unified Architecture (OPC UA) は、これまで不足していたセキュリティ対策やデータ相互運用性の問題を解消し、メインストリームの規格となりつつあります。

ただし、移行コストやこれまでの OPC Classic 資産の運用を考えれば、OPC UA への突然の移行は現実的でないケースもあります。そのため、既存の OPC Classic をベースとしたアーキテクチャに OPC UA ベースのデータソース(デバイス、アプリケーションなど)を組み込む事例が増えています。Matrikon の OPC UA Tunneller は、こうした移行期のニーズに対応する最適なツールです。

主な特長

  • 複数拠点間でのシームレスな OPC データ交換
  • 容易なコンフィギュレーション
  • OPC UA の最低限の知識で使えるスマートなデフォルト設定
  • クライアント・サーバー側ともに 64bit サポート
  • Matrikon® OPC UA SDK をベースに開発
  • フィルター機能を搭載し、最適化されたタグブラウズ
  • “Ample Status” タグによる OPC のリアルタイムデータ監視機能
  • DA 機能に対応
  • OPC UA DA リアルタイムサポート

利用メリット

  • 既存の OPC Classic システムに変更を加えず OPC UA 対応が可能
    ⇒新規システム導入や改修コストを削減
  • OPC Classic で避けられなかった従来の DCOM 設定の煩雑さを解消
    ⇒設定ミスを防ぎ、システム開発期間を大幅に短縮

OPC over DCOMの問題点を解決

OPC Classic では、以下3つの仕様が定義されています。

・OPC DA (Data Access)

・A&E (Alarms & Events)

・HDA (Historical Data Access)

これらは全て、Microsoft® の技術である COM(Component Object Model)、DCOM(Distributed Component Object Model)を通信方式のベースとしています。OPCクライアント/サーバーマシン同士の通信は、DCOMを使用することで実現できるものの、課題もありました。

OPC UA Tunneller™ では、以下のように各課題を解決することが可能です。

1.ドメイン・ワークグループ間通信

認証の煩雑さ解消:DCOM で課題だった認証のための設定の複雑さがなく、PC に ping がつながりさえすれば接続が完了します。

2. ファイアウォールとの併用

NAT 越えの問題解決:DCOM では、ファイアウォールにポートを開ける必要があり、セキュリティ上の問題を抱えていました。しかし、OPC UA Tunneller™ では、OPCの利点を活用しながらファイアウォールを十分に活かしたセキュリティ対策が可能です。

3. 少ない帯域

ネットワーク負荷低減:OPC UA Tunneller™ は、特長の一つである高度なデータ圧縮機能により、ネットワーク負荷を減らします。そのため、限られたネットワーク環境での使用やデータ通信料の節約できます。

Test

Number of Items

Update Rate (sec.)

Tunneller Plain vs DCOM

Tunneller Compressed vs DCOM

Tunneller Compressed vs Tunneller Plain

Test1

1000

1

54.84%

12.54%

22.87%

Test2

4000

1

54.93%

12.54%

22.29%

4. タイムアウトと通信切断の解消

DCOM タイムアウト問題の解消:DCOM の難点だったタイムアウト上限時間を任意に設定できるため、システムに最適な設定で運用できます。

5. データプライバシー

ネットワーク盗聴防止:OPC UA Tunneller™ はデータストリームの暗号化機能を持ち、鍵がないとOPCデータの読み取りが困難になるため、中間者攻撃の対策に効果的です。

システム要件

  • OS

・Microsoft Windows 10
・Microsoft Windows 2016 Server
・Microsoft Windows 2012 R2 Server
・Microsoft Windows Server 2008 R2 64Bit

  • その他ソフトウェア

・Microsoft .NET Framework 4.5.1 and 4.6

  • ハードウェア

・Intel® Core™ i5
・4 GB RAM
・80 GB 7200 RPM HDD

OPC UA 仕様互換性

コンポ―ネント

サポートバージョン

OPC Classic Client から OPC Classic Server、Tunneller Client サイド ゲートウェイコンフィギュレーションコンポーネント

• Version 3.0.4.0 ~ 5.1.0 (暗号未サポート)

• Version 5.2.0 以降 (※)

OPC Classic Client から OPC Classic Server、Server サイドゲートウェイコンポーネント

• Version 5.2.0 以降

※ 暗号サポート状況に関する詳細は、担当までお問い合わせください。

技術サポート体制

専任の担当者による技術サポートを提供いたします。

製品を探す