Linux向けBluetoothマルチプロファイル開発キット Blue SDK RapidLaunch

Blue SDK RapidLaunchは、OpenSynergy社のBluetoothプロトコルスタックBlue SDKを用いて、Linux ベースで開発されたGENIVI™対応のフレームワーク開発キットです。

Blue SDK RapidLaunchは、車載インフォテインメント市場において豊富な搭載実績を持つコアスタックおよびおよびプロファイルセットに関連する豊富な数のAPIを、強力かつシンプルに集約されたAPIセットに統合することにより、Linuxプラットフォーム上で行う複雑なBluetooth開発の負担を軽減します。

「Blue SDK RapidLaunch」は、マルチプロファイルの使用および複数のBluetoothデバイスとの同時接続など複雑なユースケースにも簡単に対応可能なため、車載インフォテインメントアプリケーションの開発をよりスムーズします。

主な特長

  • SIG Bluetooth コアスペックv4.2および最新プロファイル規格準拠、認証取得
  • GENIVI™ Bluetooth Common APIツールv3.x フルサポート
  • DBUS上の簡略化されたBluetooth APIにより、複数のアプリケーションがBluetoothサービスに簡単にアクセス可能
  • 車載インフォテインメントに使用される主要なBluetoothプロファイルを搭載
  • カーネルとの互換性問題を避けるため、カーネルバージョンに依存しない実装
  • お客様のニーズに合わせて変更・再構成が可能なフルソースコードでご提供

スタック図

搭載スタックおよびプロファイル

  • Blue SDKコアスタック
  • Blue SDKハンズフリープロファイル
  • Blue SDK A / Vプロファイル
  • Blue SDK電話帳アクセスプロファイル
  • Blue SDKメッセージングアクセスプロファイル
  • Voice SDK(オプション)
    ※ エコーキャンセレーション・ノイズリダクションソリューション

主な用途(アプリケーション例など)

  • 車載用ナビゲーション・オーディオ機器

ユーザーの利益性

  • Linux OSへの高度なインテグレーションにより移植が不要
  • 使い易く、開発時間およびコストを大幅に削減可能
  • 車載インフォテインメント市場において豊富な搭載実績を誇る高品質なBlue SDKを使用するため、高い相互接続性
  • 経験豊富なBluetooth開発チームによるサポート

販売形態

  • 量産用ロイヤリティ
    開発用ライセンスをご購入後、製品コードを組み込んだお客様の最終製品を量産される場合には、別途量産用ロイヤリティが必要となります。
  • 年間保守契約(任意)
    下記「技術サポート体制」をご参照ください。

※ 価格の詳細につきましては、別途お問い合わせください

技術サポート体制

年間サポートサービスをご購入いただくことにより、以下のサービスを提供いたします。

  • 専任のエンジニアが、お客様の開発段階のさまざまな技術的質問、移植に関するアドバイスについて、電話やFAX、メールにてサポート
  • Blue SDKの機能、性能がマイナーバージョンアップした際には随時提供
    メジャーバージョンアップ、新プロファイルの追加に関しましては別途お問い合わせください。
  • 製品の不具合を修正し、バグフィックスされたバージョンを提供

移植・チューニング

弊社が提供するソフトウェアの移植サービスからアプリケーションの開発受託サービスなどを、別途承っております。開発期間が短い場合やエンジニアリングリソースが不足している時など、お客様に代わり経験豊富なエンジニアが移植、開発作業を行います。

製品を探す