Linux/Android 高速起動 Ubiquitous QuickBoot 独自技術で、わずか数秒~で瞬間起動しアプリケーションを実行状態へ

Ubiquitous QuickBoot 概要

Linux / Android をわずか数秒からで瞬間起動し
アプリケーション実行状態へ復元可能な新技術 新リリース R2.0 登場

高速起動デモ動画

近年、機能の複雑化が進むデジタル家電や車載機器の OS に、Linux や Android を使用するケースが増加しています。電源断からの起動(コールドブート)時間が数十秒から 1分前後もかかる場合もあり、機器メーカーにとって改善すべき課題となっています。
特にカーナビゲーションやドライブレコーダーなどの車載機器では、エンジンを始動したら自動車が走り出してしまうため起動時間の短縮は必須です。

Ubiquitous QuickBoot は、ユビキタスAIが独自開発した起動技術を使用したソフトウェア製品です。アプリケーション側で使用しているメモリ量に依存せず、電源オフの状態からわずか数秒で起動し、ユーザーが使用できる状態にします。ユーザーインターフェイスを持った機器を高速に起動して操作を開始できることがユーザー満足度を高めると評価され、カーナビゲーションをはじめとする車載機器を中心に、パネルコンピューター、セールス支援端末、デジタルカメラ、無線機器、レーダー装置、医療診断機器、電子ブック、スマートテレビなど、幅広い分野で採用が拡大しています。

QuickBoot を利用すれば、ユーザーの操作性を損なわず、待機電力をほぼゼロにした状態から、システムを瞬間起動できるデジタル家電や車載機器などの製品が開発できます。

図1:ハイバネーション方式とクイックブートの動作原理の違い

製品ラインナップ

QuickBoot SDK

QuickBoot SDK は、お客様のターゲットボード環境に QuickBoot を実装するための SDK(ソフトウェア開発キット)です。
QuickBoot SDK は、特定のリファレンスボードに QuickBoot を適用した場合のコードを提供します。お客様のターゲット環境にあわせてコードを修正して QuickBoot を簡単に実装できるように設計されています。

QuickBoot R2.0 では、次の2つの Edition から構成されています。

Pro Edition Automotive Edition
対象 起動時間を可能な限り短縮したい組込み機器開発プロジェクト 起動要件の厳しい車載機器開発プロジェクト
特長 ・Standard / Advanced モードの両方に対応
・主要な SoC に対応
・評価ボード向けのサンプル BSP 付属
・Standard / Advanced モードの両方に対応
・主要な半導体メーカー提供の車載機器開発向けプラットフォーム(開発ボード)に対応
適用機器例 ・パネルコンピューター
・セールス支援端末
・医療診断機器
・スマートテレビ
・無線機器 など
・カーナビ
・Display Audio
・車載 IoT 機器 など

QuickBoot Android Pack(オプション)

QuickBoot Android Pack は、QuickBoot SDK のオプション製品です。

現在、Android Packでは、Static mode+ と呼ばれる Android 向けの起動モードをサポートしており、Android アプリケーションに対して、スナップショットイメージを任意のタイミングで取得することができ、高速起動を実現します。
また、QuickBoot 起動後の Android アプリケーションの追加/アップデート/削除、各種設定値の反映に対応可能です。
組込みに特化し、Android をプラットフォームとして利用した機器開発に最適なモードです。