車載機器向けハイパーバイザー COQOS Hypervisor SDK™ ASIL-B認証取得済み車載機器向けハイパーバイザー

COQOS Hypervisor SDK は、コックピットコントローラー、リアシートエンターテインメントソリューション、テレマティクスシステム、ドメインコントローラーを開発するためのモジュール構造ソフトウェア開発キットです。車載機器向けアプリケーションに最適な Type 1 ハイパーバイザーをベースに構成されています。

ISO 26262:2018 ASIL-B に準拠したハイパーバイザーとして、TUV SUDの認証を取得しています。

そのアーキテクチャは、複数の個別の仮想マシンをひとつのプロセッサ上で実行して、リアルタイムオペレーティングシステム、Linux Android などのオープンソースシステム、AUTOSARClassic Adaptive の両方)を統合することができます。

※TUV SUD:世界に1,000以上の拠点を持つ第三者認証機関

COQOS-Hypervisor-SDK-01.jpg

対象とする車載 ECU

  • コックピットコントローラー
  • リアシート エンターテインメント
  • テレマティクス システム
  • ゲートウェイ
  • ドメインコントローラー

主な機能

  • プロセッサの安全なパーティショニング
  • VM(仮想マシン)間のFFIFreedom From Interference
  • Linux および Android に対応
  • セキュリティ機能の追加
  • シングルコアまたはマルチコア CPU 上の複数のオペレーティングシステム
  • VIRTIO ベースの仮想化
  • GPU の仮想化
  • ハードウェア仮想化のサポート
  • 高速起動機能
  • 電源管理機能

主な特長

  • セーフティとセキュリティが重要なアプリケーション向けに設計された ASIL-B 認証取得済みのハイパーバイザーです。
  • VIRTIO の完全なサポートで、ハイパーバイザーベンダーの固定化(ロックイン)が回避されるので、開発、統合作業、および市場投入までの時間が最小限に抑えられます。
  • マネージドブートおよび高速ブートテクノロジーによって、重要な機能の高速な起動が可能です。
  • 仮想化された Linux および Android ゲスト OS は、オープンソースのソリューションを自動車システムで利用可能にします。
  • VIRTIO デバイスの共有によって、VM 間でハードウェアリソースを共有できます。
  • COQOS Hypervisor SDK には、すぐに使用できる一連の構成例が付属しています。
  • Adaptive AUTOSAR の仮想化に対応済みです。

利用メリット

  • コックピットコントローラーは、単一のシステム内でミックスドクリティカル機能(セーフティと非セーフティ)を組み合わせたものです
  • Type 1 ハイパーバイザーは SoC の持つハードウェア機能を最大限に活用して、非常に低いパフォーマンスオーバーヘッドで動作します。
  • ハードウェア上で直接動作するハイパーバイザーが、仮想マシンを生成します。パーティショニング機能は、ゲストオペレーティングシステムを外部からの攻撃から保護します。
  • 個々の VM は、他の VM の機能に影響を与えることなくアップデートを可能にします。
  • マルチチップソリューションから単一の高度に統合されたシステムオンチップ(SoC)に移行することで、ハードウェアコストの削減が可能になります。
  • Linux AndroidVIRTIO などの標準的な技術を使用することで、開発コストを最小限に抑えられます。

技術サポート体制

専任の担当者による技術サポートを提供します。

移植・チューニング

ユビキタスAIコーポレーションが提供するソフトウェアの移植サービスからアプリケーションの開発受託サービスなどを、別途承っております。開発期間が短い場合やエンジニアリングリソースが不足している時など、お客様に代わって経験豊富なエンジニアが移植、開発作業を行います。

関連製品:COQOS Micro SDK