EFI/UEFI 準拠 BIOS InsydeH2O® UEFI のリーディングカンパニーによる提供製品。
PC向け、IoT/組込み向け、サーバー向け BIOS をラインアップ

InsydeH2O は、従来の BIOS (Basic Input/Output System)を置き換えるために開発された新技術「EFI/UEFI」仕様を実装した、C言語ソースコードベースの次世代 BIOS です。

UEFI はモジュール化を意図して設計されているため、カスタマイズしたコードを再利用できる可用性が特長です。

InsydeH2O には、強力なソフトウェアデバッグ&診断ツール H2ODDT や、標準的なカスタマイズを容易にする統合開発環境 H2OIDE がオプションで用意されています。

主な特長

クライアント PC向け InsydeH2O

  • クライアントPC製品としてトップクラスのシェアを誇るUEFI BIOS
  • 洗練されたアーキテクチャにより、新しいプラットフォームの市場投入期間が短縮され、ハードウェアの革新をより容易に実現
  • Intel、 AMD のリファレンスデザインをサポート
  • NIST SP800-147、155、193といったセキュリティ要件に沿った BIOS が、より堅牢なプラットフォームを提供
  • 最新の UEFI、 PI、および業界仕様に対する包括的なサポート
  • 可用性に優れたライブラリによるカスタマイズ手法により、次世代のシリコンに追従した後継製品開発に貢献
  • 高速起動テクノロジーにより、数秒での高速起動を実現

サーバー向け InsydeH2O

  • ブレード、ストレージ、エンタープライズ、マイクロサーバー、データセンター向けに最適化された信頼性の高いファームウェアソリューション
  • IPMI、 RAS、 WHEA などを含む最新の高度なサーバーテクノロジーのサポート
  • Intel および AMD の全てのサーバー製品ロードマップをサポート
  • Windows Server から Linux ディストリビューションまで、最新のセキュアサーバーOSとの互換性

IoT/組込み向け InsydeH2O

  • 小型の組込みシステムからストレージや IPC まで、 IoT および組込みプラットフォーム向けの信頼性の高い UEFI BIOS
  • Intel および AMD の全ての組込みロードマップをサポート。簡単にドロップインできる組込み機能(マルチSIO、 シリアルコンソールリダイレクション、ハードウェアモニタ、高速起動+カスタマイズ)
  • 世界中の何百という IoT および組込み機器メーカーのサポート実績

H2ODDT ソフトウェアデバッグ&診断ツール

  • メモリサイジング前の PEI の段階からデバッグ可能
  • C言語ソースレベルでステップ実行可能なデバッギングとトレース機能
  • USB 2.0 インターフェース(Insyde H2ODDT専用ケーブルが付属)
  • Windows用のデバッガソフトを同梱

H2OIDE InsydeH2O 用統合開発環境

  • InsydeH2O 用に設計された UEFI ファームウェア開発用の統合開発環境
  • 経験の浅い BIOS エンジニアでも BIOS 機能を簡単に設定できる手段を提供
  • UEFI のソースコードに触れずに、UI 上で GPIO、 SSID、フラッシュマップ、オプション ROM、 PCIルーティングといった設定が可能

ユーザーメリット

高品質

  • UEFI のリーディングカンパニーによる UEFI に最適化された設計
  • グローバルでの採用実績に裏打ちされた高い品質

カスタマイズ性

  • 多様なカスタマイズサービス関数による安全なカスタマイズ
  • カスタマイズツールにより、 BIOS 開発未経験者にもカスタマイズ可能
  • C言語ソースコード提供可能

高い生産性

  • 再利用性の高いモジュール化された設計による生産性の向上
  • 優れたデバッグツールで効率よく品質向上を図ることで、短期間での市場投入が可能

ターゲット製品 / 対応製品 / 互換性など

技術サポート体制

専任の担当者による技術サポートを提供します。

移植・チューニング

社内に開発部門を有し、お客様の製品開発を支援しています。各種サーバー、ノート型PC、組込み機器メーカー向けに、ライセンス販売から技術サポート、トレーニングおよびユーザハードウェアへの移植などのサービスを一貫して提供します。

関連製品

ハードウェア自己診断ツール 「H2ODST」

HDD/SSD、メモリー、CMOS、ディスプレイ、PCI バス、シリアルポート、SPI ROM などのハードウェアを診断できるツールです。

技術コラム

【技術コラム】脆弱性情報に冷静に対応するために ~足下のセキュリティとして2つのセキュアブート~

2018年初頭の Spectre / Meltdown 騒動をきっかけに、脆弱性に関する情報が日々公表され、これにより産業用 PC、組込みPC に対する危機意識がさらに高まっています。

さまざまなセキュリティホールを防ぐことは大切ですが、OS のブート時に行うべき最低限のセキュリティ対策は十分でしょうか?UEFI 対応 BIOS では、NIST800-147でも規定されている、次の2つのセキュアブートが利用可能です。

1. Measured Boot

Boot シーケンスで SHA256 によるハッシュ値の記録、検証することによる、Root of Trust を利用したファームウェアの改ざんを検出するセキュアブートです。

2. Secure Boot

起動する OS のブートローダの電子署名を検証し、正式な電子署名を持たない不正な OS の起動を抑止するセキュアブートです。最近では、UEFI ルートキットが検出され始めており、Secure Boot によって攻撃を防げることがわかっています。

今後は、組込みプラットフォームでもセキュアブートへの対応が必須となってくるでしょう。

脆弱性情報に対して冷静に対応するために、まずは足元のセキュリティを見直してはいかがでしょうか。

関連製品:InsydeH2O®

製品を探す