衛星通信データの圧縮で伝送効率が最大 75% 向上、データ転送費用を大幅に削減 - AtomBeam社事例

課題

■ 衛星通信の高い伝送コスト
■ 遅いデータ伝送速度
■ データの脆弱性・長い遅延時間
■ 低いデータの安全性

AtomBeamの特長

■ 高い伝送効率
■ 同じ帯域幅で4倍の伝送速度を実現
■ AIベース圧縮によるセキュリティの確保
■ 消費電力低減によるバッテリー長寿命化

効果

■ データ効率が最大 75% 向上
■ 衛星接続コストが年間 100 万ドルから 25 万ドルに減少
■ 遅延時間の削減によって多くの再送が不要となり、通信が高速化
■ データセキュリティの確保・強化
■ バッテリー消費量が最大 25% 削減

課題

衛星通信は、遠隔地からデータセンターにデータ転送しなければならないビジネスには不可欠です。衛星ネットワークは、遠隔地でのインターネットサービス、空路、海路、陸路での輸送、鉱業、エネルギー、軍事などさまざまな用途で使用されています。一方で、衛星を使ったデータ転送にかかる費用は非常に高額になります。トラック運送で衛星通信を利用しているこの物流事業会社では、通信コストの増大が大きな課題となっていました。

as_307149007-1080.jpg

データ効率が最大 75% 向上、年間 100 万ドルのコストが 25 万ドルに

1,000 個の衛星アップリンクを使用している物流事業会社では、通常、年間 100 万ドル以上のデータ伝送コストを支払っている可能性があります。さらに、伝送エラーや遅延の影響を受けやすく、データのセキュリティもありません。

as_376078989-1080.jpg

この物流事業会社では、AtomBeam の AI ベースのデータ圧縮機能を、AtomBeam の衛星アプリケーションに追加した結果、データ効率が最大 75% 向上し、年間 100 万ドルのコストが 25 万ドルにまで下がりました。データは 4 倍の速さで届き、遅延時間も減り、AtomBeam に組み込まれているセキュリティ機能で、データ伝送時の安全性も高めることができました。

AtomBeam による AI ベースのデータ圧縮の特長

送信元では、AtomBeam の特許取得済みソフトウェアが AI と機械学習を用いてデータ分析を行い、非常に短いコードワードに圧縮します。そのコードワードはリアルタイムで送信先に送られ、元のデータがロスレスで再生されます。

atombeam_satellite.png

バッテリー消費量、最大 25% 削減という副次効果も

AtomBeam のデータ圧縮機能を利用することで、衛星経由で通信するリモートセンサーを利用していた A 社は、バッテリー消費量を最大 25% 削減することができ、大幅なエネルギーコストの削減につながりました。

AtomBeam のライトコードを組み込むだけで、高価で低速な衛星ネットワークを、コスト効率の高い運用が可能、かつ高速で安全なネットワークに変えることができました。

AtomBeam Technologies, Inc. について

AtomBeam 社は、2017 年に設立された米国に本社を置く企業で、IoT データ伝送の業界標準を目指すソフトウェア会社です。AtomBeam の特許取得済みデータ圧縮技術は、AI/機械学習を活用して、データ伝送量を大幅に削減し、帯域幅の節約、遅延の最小化という利点を提供します。AtomBeam のライセンスは、IoT 機器、ゲートウェイ、データセンターサーバー、クラウドストレージのメーカーや、衛星・通信などのネットワーク企業に提供されています。
本社所在地 :米国 / URL:https://atombeamtech.com/

AtomBeam®

AtomBeam® は、米国 AtomBeam Technologies Inc. 社が開発した、IoT データ圧縮・セキュア通信AI ソリューションです。特許取得技術AI データ・コンパクションにより、従来のファイルデータ圧縮技術とは全く異なる方法で、セキュリティを確保しつつ非常に効率的にデータをエンコードし最小化することで、IoT/M2M データ伝送量を70-90% 削減します。

採用製品:
AtomBeam®