ニュースプレスリリース

2010年11月30日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社、Ubiquitous QuickBoot のエンジニアリングサービスで
株式会社コア、日本システムウエア株式会社と協業
~エンジニアリング力を強化し、国内外の需要増に対応~

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:家髙 朋之、以下ユビキタス社)は、本日、同社の高速起動技術であるUbiquitous QuickBoot(ユビキタス クイックブート、以下QuickBoot)を幅広いマーケットに対して、迅速に展開していくことを目的に、QuickBoot向けのエンジニアリングサービスで株式会社コア、日本システムウエア株式会社と協業し、2010年12月より同サービスの提供を開始することを発表します。

本協業は、ユビキタス社が、QuickBootビジネスの展開を加速させていくために、QuickBootに係わるエンジニアリングサービス力の強化を狙ったものです。本協業に先立ち、組込みLinux/Androidを手がけているエンジニアリング企業を対象にパートナーを募集し、QuickBoot技術の習得、 QuickBoot SDK(ソフトウェア開発キット)を使用してのリファレンスボードへの実装等のプログラムを進めて参りました。この度、このプログラムを修了した2社をQuickBootエンジニアリングパートナーとして認定して、QuickBoot向けのエンジニアリングサービスで協業することとなりました。

本協業により、QuickBootのターゲットボードへの実装に加え、エンジニアリングパートナーの持つ各種ソリューションを組み合わせることにより、国内外の顧客からの多様なニーズに応えてまいります。また共同マーケティング等のプロモーション面でも相互に協力していきます。

■株式会社コア 営業統括本部長 石井 新己 様のコメント
「昨今、Linux/Androidを組み込み製品へ採用する動きが急速に拡大し、高速起動への要求が高まっています。今回の協業によりユビキタス社の持つ高速起動テクノロジー 『QuickBoot』 と 『エンベデッドのコア』 が2万件を超える組込みシステム開発実績を通して培ってきた各種ソリューションを組み合わせることにより、広範な分野で先進の機能を求めるお客様に、高速起動を兼ね備えた最も効率的かつ高品質なモノをご提供してまいります。」

■日本システムウエア株式会社 プロダクトソリューション事業本部 執行役員 後 莊太郎 様のコメント
「当社は、早くから組込みソフトウエアに着目し、アプリケーションソフト開発からドライバ開発まで幅広く事業を展開してきました。その中で培った組込み技術を生かし、高性能、高品質の製品開発に実現にむけて「エンベデッドトータルソリューション」を提供しており、最近では特にARMアーキテクチャを用いたAndroidソリューションに力を入れております。このような背景からAndroidをわずか数秒で高速起動できるユビキタス社のQuickBootは、当社のビジネス展開においても重要な技術であり、今回の協業を通してそのシナジーを高め、お客様によりご満足いただけるソリューションを提供してまいります。」

■株式会社ユビキタス 代表取締役社長 家髙 朋之のコメント
「株式会社コア、日本システムウエア株式会社とのエンジニアリングサービスでの協業により、ユビキタスは、これまで以上のスピードで、国内外のお客様の組み込み製品に高速起動という付加価値を提供できるようになることに加え、各社の持つLinuxのポーティング、ミドルウェア、システムインテグレーションを含むトータルソリューションとしてお客様の製品開発を支援できることを大変嬉しく思っています。」

なお、ユビキタス社は、2010年12月1日より開催のEmbedded Technology 2010に出展し、自社ブースにおいてQuickBootエンジニアリングパートナーの紹介を予定しております。

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

■ 株式会社コアについて
東証1部上場の、約1,800名のエンジニアを中心にエンベデッドからソフトウェアプロダクトソリューションを提供する企業。エンベデッドのコアとしてマイコンの出現と共にその無限の可能性に着目し、確かな技術と経験を基に、エンベデットシステム開発事業(1973年開始)を展開してまいりました。大手電機メーカへのOEM提供、大手通信系SIerへのOEMなど、多数の実績があります。また、IT資産管理ソリューション では10年以上の市場経験があり、導入実績としては、日本たばこ産業株式会社、新日本製鐵株式会社、日産化学工業株式会社、株式会社日立メディコ、学校法人東邦大学、北九州市役所や大手電機メーカほか、導入社数のべ 1,500 社以上の中堅・大手を中心に、官公庁への導入実績も豊富です。
詳しくは、http://www.core.co.jp/をご覧ください。

■ 日本システムウエア株式会社
1966年に創業。携帯電話・デジタル情報家電などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。また、各業種の基幹系システムや、金融・保険・クレジット・公共・製造・流通・店舗向けなど業種対応システムの開発、WEBサイトやECサイトの構築、および大規模システムの運営、データセンターでのアウトソーシングまでをワンストップで提供します。
詳しくは、http://www.nsw.co.jp/をご覧ください。

Ubiquitous QuickBoot について

Ubiquitous QuickBootは、画期的な起動技術のソフトウェア製品であり、システムのメモリやCPUのレジスタ、周辺デバイスの状態をスナップショットイメージとして不揮発性メモリに格納し、システムの起動に必要なメモリ領域を優先的に不揮発性メモリから自動でRAM上に復元することにより、AndroidもしくはLinuxを最速1秒台でコールドブート起動することが可能となるソフトウェアです。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術などの多数のソフトウェアを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。

投資家の皆様へ

本プレスリリースは、弊社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。弊社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信・マイルストーン開示などをご参照ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

/contact/others/
担当 : 半田、川村

株式会社ユビキタスPRデスク (株式会社アクティオ内)
TEL : 03-5771-6426
E-mail : ubiquitous-pr@actioinc.jp
担当 :中村、大蒲

製品を探す