ニュースウェビナーライブ

2024年06月05日
株式会社ユビキタスAI

組込み制御ソフト開発へのシミュレーション応用による開発効率向上

組込みソフトウェア制御の開発において、シミュレーションを応用して開発効率を上げるというのは一般的ではありません。車載制御ソフトウェアでは、Simulinkなどを使ったモデルベースによるシミュレーションの応用が進んできていますが、その他の分野においてモデルベース開発は敷居が高い手法です。これに対しSILSは、モデルを作成することなしに、PC上でシミュレーションします。モデルの作成技術などを新たに学ばなくても、ハードウェアが無くても、PC上で容易かつ早期にデバッグ検証を行うことで、開発効率の向上が可能となります。本セミナーではSILS用シミュレータ「GSIL」について、デモを交えて説明し、その利点をご紹介します。

簡単1ステップでいますぐ予約!
お申し込み

対象者

  • 組込み制御ソフトウェアの開発者、またはそれのテスター
  • 組込み制御ソフトウェアのテスター

開催概要

名称組込み制御ソフト開発へのシミュレーション応用による開発効率向上
日時2024年6月26日(水)14:00~14:30
会場オンライン
主催株式会社ユビキタスAI
参加費無料

セミナー内容

14:00~14:25
 ・GSILご紹介
 ・組込みソフトへのGSIL応用説明

14:25~14:30
 Q&A

講師紹介

植田 宏

株式会社ユビキタスAI
エンベデッド第3事業部 担当部長 植田 宏

大学卒業後Tire1メーカーへ入社、ECUソフトウェア開発を行う。その後海外で組込みソフトウェア開発エンジニアの経験を経て、帰国。1998年より車載系ソフトウェアの技術営業に従事。自身の経験を活かし、課題解決に役立つ海外のソフトウェア商材を取扱い、国内のエンジニアへ届けている。

簡単1ステップでいますぐ予約!
お申し込み

GSIL 製品ページ