車載 ECU ソフトウェア開発向けシミュレーションツール GSIL ハードウェア完成前にPC上でECUソフトウェアを検証

車載 ECU ソフトウェアは複雑化の一途をたどり、その検証には膨大な工数がかかります。ハードウェア完成後の検証では十分な信頼性を確保することは困難です。

GSIL は、車載 ECU ソフトウェア開発向けのシミュレーションツールです。ユビキタスAI の ECU ソフトウェア開発支援の経験と、株式会社エー・アンド・デイの長年の ECU 計測ハードの開発、サポート経験を活かして開発され、ハードウェアが完成する前の段階で容易に ECU アプリケーションの結合テスト、デバッグ、検証を可能にし、工数/コストの大幅な削減と、さらなる信頼性の向上を実現します。

202103_GSIL_press.jpgのサムネイル画像

<利用イメージ>

GSIL-02.jpg

<開発イメージ>

主な特長

  • 仮想 ECU 半自動生成による容易な環境構築(最短数日~)
  • HILS でのテストケースの再利用が可能
  • パフォーマンス、タイミング検証が可能
  • 顧客ニーズに合わせた柔軟なライセンス体系

主な機能

  • 仮想 ECU の PC 上でのシミュレーション
  • Visual-C、gcc でのvECU生成
  • Simulink モデルのインポート
  • レストバス試験、実 ECU との試験も可能な CAN 通信シミュレーション
  • Simulink で使用可能な S-Function エクスポート
  • Simulink とのコシミュレーション
  • カバレッジツール連携
  • タイミング検証ツール連携
  • CI ツール連携

利用メリット

  • 手書きソースコード、自動生成ソースコード、プラントモデル、CAN 等の通信を含めた単一もしくは複数の ECU の単体~結合テストが PC 上で可能
  • ハードウェアが無い段階で、プラントモデルを含めて検証
    • 仕様の検証例
      ・ プラントモデル信号に対する ECU 制御信号の正誤
      ・ 故障に対するダイアグ信号の正誤
      ・ 複数の ECU 間での CAN を使用した制御仕様の検証
      ・ 値のバウンダリーチェック
    • 実行時エラーの検出例
      ・ Null ポインタアクセス
      ・ バッファオーバーラン
      ・ ゼロ割等
  • Visual Studio、GDB を使用したソースコードデバッグ
  • CI ツールによる自動テスト
    • クラウド上でのテストも可能
  • CAN 通信を使用した検証
    • 複数 ECU の CAN を使用した検証
      ・ 実 ECU を含めた検証が可能
    • レストバス検証
  • 容易な環境構築
    • マイコン向けコンパイラ対応による、半自動 vECU 生成
    • スタブ自動作成
  • テストケース再利用
    • ASAM XIL※1 サポートによる MILS、HILS へのテストケース再利用
    • Python 言語を使用したテストケース再利用
  • タイミング検証ツール INCHRON TS と連携し、パフォーマンス、タイミング検証が可能
  • OEM、サプライヤでの早期のシミュレーション
    • OEM が GSIL を購入している場合、OEM からサプライヤに GSIL を無償で提供可能※2
    • サプライヤは容易な環境構築により vECU(DLL)を作成、OEM に提供。ソースコードの提供は不要
    • サプライヤが GSIL を購入している場合、サプライヤから OEM に GSIL を無償で提供可能
    • OEM はプラントモデルの DLL を生成し、サプライヤに提供。プラントモデルの提供は不要

技術サポート

GSIL の年間保守契約にて技術サポートをご提供します。
また、お客様の ECU コードからの vECU 構築サービスやツールのカスタマイズにも対応できますので、ご相談ください。


※1 XIL:ASAM(Association for Standardization of Automation and Measuring Systems)によって策定されたテストケース再利用の規格です。
※2 GSIL 顧客が OEM もしくはサプライヤに vECU またはプラントモデル作成を依頼する場合、その作成、検証目的に限り使用可能となります。作成、検証完了後に継続して使うことはできません。