コンティニュア規格準拠のソリューション Health@Home コンティニュア設計ガイドライン対応。健康機器、医療機器、システムの開発用ソリューション

Health@Home は、米国 LNI 社が開発した、コンティニュア規格に準拠したソリューションです。
用途に合わせて最適な製品をお選びください。

Health@Home ソリューション

Health@Home Device

各種パーソナル・ヘルスケア機器向けデバイス・エージェントライブラリです。

  • 各種デバイスの ISO/IEEE11073-20601 device specialization に対応
  • 少ない RAM/ROM サイズ(RAM:約 2KB、ROM:約 25KB)
  • ANSI C で記述されたライブラリ

Health@Home Hub

PAN クライアント(IEEE 11073-20601 準拠)のエージェント・マネージャです。

アプリケーションは、コンティニュアの認証を受けたさまざまなデバイスの計測情報を「Health@Home Hub」を介して容易に取得することができます。コンティニュア設計ガイドラインに準拠しているので、ガイドラインを意識せずに利用することができます。

  • コンティニュア規格 IEEE11073-20601 に準拠したエージェント・マネージャ
  • 各種デバイス・エージェントの計測情報を容易に取得可能
  • 煩雑な IEEE のプロトコル最適化処理をマネージャ内部でサポート、アプリケーション側での設定不要
  • シンプルな API 構造なので、アプリケーション開発工数を削減することが可能

Health@Home Hub製品ラインアップ

Health@Home Hub for Linux Java 言語実装の ISO/IEEE11073-20601 対応エージェント・マネージャ。
    対応可能なトランスポート
  • Bluetooth HDP
  • Bluetooth smart
    Heart Rate, Glucose, Blood Pressure, Heath Thermometer
  • USB
Health@Home Hub for Android Java 言語実装の ISO/IEEE11073-20601 対応エージェント・マネージャ。
    対応可能なトランスポート
  • Bluetooth HDP
  • Bluetooth smart
    Heart Rate, Glucose, Blood Pressure, Heath Thermometer, Weight Scale
Health@Home Hub for Windows C++ 言語実装の ISO/IEEE11073-20601 対応エージェント・マネージャ。
    対応可能なトランスポート
  • Bluetooth HDP
  • USB
  • ZigBee
Health@Home Hub for embedded 組込み C 言語実装による ISO/IEEE11073-20601 対応のエージェント・マネージャ。(計画中)

Health@Home Exchange

収集したデータ(PCD-01)を HL7 などのさまざまなフォーマットに変換するクラウドベースの管理サーバです。

  • クラウドベースのサーバ、DaaS に対応
  • HL7 のほか、独自フォーマットへの変換も可能
  • RESTful API でエンタープライズアプリとのインテグレーションも容易に対応可能

コンティニュア

コンティニュア(コンティニュア・ヘルスケア・アライアンス)とは、パーソナル・ヘルスケアの質的向上のため、健康機器や医療機器のデジタル化促進と通信規格の統一を目標に設立された国際的な団体です。データ内容や通信方法の規格として「IEEE11073」を採用し、パーソナルケア機器と通信処理機器間のインターフェースの標準規格化を推進しています。

LNI 社は、Continua Health Alliance のメンバーです。

技術サポート体制

充実したサポート体制でお客様をサポートいたします。開発段階の技術的な疑問に対し、電話やメールでお答えいたします。専任の技術サポートスタッフが、お客様の開発を強力にサポートいたします。

移植・チューニング

弊社が提供するソフトウェアの移植サービスやアプリケーションの開発受託サービスなどを別途承っております。開発期間が短い場合や、エンジニアリングリソースが不足している時など、お客様に代わり経験豊富なエンジニアが移植、開発作業を行います。詳細は、お問い合わせください。

※ 記載されている会社名・商品名などは、各社の商標または登録商標です。