軽量DTCPミドルウェア Ubiquitous DTCP

DTCP-IP とは

DTCP (Digital Transmission Content Protection) は、DTLA (Digital Transmission Licensing Administrator) によって定義されているデジタルコンテンツの保護を目的とした通信路の暗号化技術です。様々な通信物理層に適用可能であり、特に IP ネットワーク向けの DTCP-IP や、車載機器向けの DTCP-MOST が市場で多く利用されています。
DTCP-IP は、特に日本市場では、ホームネットワークを介したデジタル放送番組をホームネットワークを介して録画・再生する用途で使われています。

Ubiquitous DTCP

Ubiquitous DTCP は、DTCP 技術仕様 (DTCP Specification) に対応したソフトウェア開発キット (SDK) ファミリです。対応する通信物理層に応じて、Ubiquitous DTCP-IP または Ubiquitous DTCP-MOST として SDK の形態で提供可能です。
DTCP-IP 、DTCP-MOST のいずれの場合も、Source デバイス (コンテンツ送信側)と Sink デバイス (コンテンツ受信側)のいずれにも対応可能で、お客様のニーズに合わせてご提供いたします。

Ubiquitous DTCP-IP

Ubiquitous DTCP-IP は、DTCP-IP に対応したホームネットワークデバイスを開発するためのソフトウェア開発キット (SDK) です。DLNA (Digital Living Network Alliance) ガイドラインに対応した DMP (Digital Media Player) や DMS (Digital Media Server) を開発する際に、本 SDK を利用して、著作権保護されたコンテンツの配信、再生を可能とします。
Ubiquitous DTCP-IP の特長は、コードサイズが非常に小さいことです。(最小時 50KB)
携帯電話やポータブル TV などのモバイル AV 機器にも DTCP-IP の機能を実装することが可能で、モバイル DLNA デバイスの開発を容易にします。開発キットはライブラリとして提供され、お客様の各種プラットフォームへのポーティングも可能です。特に Linux に実装する場合は、非常に短い時間でポーティング及び提供が可能です。デジタルビデオレコーダーやデジタル TV への搭載実績もあり、 Android での動作も確認しています。
お客様の DLNA ガイドライン 1.5 対応機器開発での DTCP-IP 対応を短時間で実現するソリューションとしてご活用ください。
※お見積、詳しいパフォーマンスデータをご要望の方は弊社営業、もしくは Web 問い合わせ窓口からご連絡ください

製品を探す