ニュースプレスリリース

2008年08月25日
株式会社ユビキタス

UbiquitousTCP/IP累計出荷ライセンス数が1億本突破
「小さく」「軽く」「速い」特徴によりゲーム機や組込機器向けに採用拡大

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川内 雅彦、以下ユビキタス社)は、2008年8月時点で基幹製品であるUbiquitousTCP/IPの累計出荷ライセンス数が全世界で1億本を突破したことを発表いたします。

ユビキタス社は、2001年5月に創業して後、一貫して「小さく」「軽く」「速い」組込向けソフトウェア、特にTCP/IPをはじめとするネットワーク関連のソフトウェアの開発を続けてまいりました。UbiquitousTCP/IPは、2001年11月に初の製品となる「Ubiquitous TCP/IP-OS for Z80」のリリース後、2003年8月より本格的な量産向け出荷を開始し、5年という短期間で1億本を突破するまでに成長を遂げることができました。これは、多くの半導体メーカー様や機器メーカー様にご採用頂くとともに、2005年後半からは、ゲーム機用の通信ライブラリとして、ユビキタス社が開発した通信プロトコルスタックが採用された事が大きく影響しております。また、株式会社富士経済が本年3月26日に発表した、「エンベデットシステムマーケット 2008」において、UbiquitousTCP/IPが、TCP/IPミドルウェアの国内トップシェア獲得とされております。

ユビキタス社は社名の由来ともなっている、ユビキタス・ネットワーク社会の一日でも早い実現の為に、今後もより一層UbiquitousTCP/IPの拡販に注力していきます。また、デジタルAV家電やワイヤレス分野、あるいはUSB関連分野など組込関連ソフトウェアでの製品ラインナップを拡充し、よりソフトウェア開発に携わっていらっしゃる方が効率良く製品開発を進めて頂けるような、ソフトウェアコンポーネントの提供を続けて参りたいと考えております。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、ユビキタス・ネットワークの夢を実現することを目指して創業されました。身の回りの様々な機器が、我々が意識することなくネットワークにつながって仕事をしてくれる、そんなユビキタス・ネットワークの実現には「小さく、軽く、速い」ネットワークのソフトウェアが不可欠です。ユビキタス社は世界最小、最軽量、最速のネットワーク・ソフトウェア開発を通じて、ユビキタス・ネットワークの実現に貢献します。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル20F
TEL : 03-5908-3451 FAX: 03-5908-3452
URL : https://www.ubiquitous-ai.com
担当:半田

製品を探す