組込みアプリケーション向け軽量通信プロトコル Ubiquitous Network Framework 「小さく」「軽く」「速い」ネットワーク プラットフォーム

Ubiquitous Network Framework とは

TCP/IP スタックをベースとした、通信機能を実装するためのミドルウェアです。

ROM/RAM 容量が限られたローエンド MCU による OS レス(ベアメタル)環境や、既に RTOS 上でアプリケーションが動作している環境で Ubiquitous Network Framework による通信機能を実現します。

Ubiquitous Network Framework の基本となるベース・プロトコル(Base Protocol)に、お客様のユースケースにあわせた各種プロトコルを選択・搭載することで、最小限のハードウェアリソースで組込み機器をネットワーク対応させることができます。

Ubiquitous Network Framework は、全てユビキタスAI が独自に開発しているため、OSS を使用する場合の制約や煩雑な手続きは一切発生しません。

特長

  • OS レスの環境でも動作する、組込み機器のネットワーク対応に最適なフレームワーク
  • 多彩なプロトコル、アプリケーションをサポート
  • 通信機能を使用する上で必要最小限のカーネルが動作、要求される CPU リソースを低減
  • ユースケースにあわせてプロトコル構成を最適化し、必要な ROM/RAM を最小化
  • IPv6 に対応、6LoWPAN ベースの上位プロトコルを実装

これらの課題を解決

  • 通信スタックの搭載を検討しているが、使用するマイコンリソースがひっ迫している
  • FreeRTOS のようなオープンソースソフトウェア(OSS)では満足できるスループットを実現できない
  • 可能な限り省電力で動作する IoT 機器を開発したいがパフォーマンスを落としたくない
  • Linux などの OSS の管理から解放されたい
  • 現行製品の組込みシステムを刷新し、ネットワーク対応、無線対応、IPv6 対応にしたい

RTOS 環境上の既存ソフトウェア資産をそのまま利用

既存の RTOS 環境で動作する、Ubiquitous Network Framework on RTOS の提供が可能です。組込み機器の RTOS 上でのネットワーク対応を省リソースで実現します。既存のソフトウェアに手を加える必要がなく、RTOS 環境上の既存ソフトウェア資産をそのまま利用できます。

UbiquitousNetworkFramework02.jpg

組み合わせ可能な対応プロトコル

レイヤー プロトコル
本製品のベースとなるプロトコル
(Base Protocol)
IP
ICMP
ARP
IGMP / MLD
TCP
UDP
選択可能 無償提供プロトコル DHCPd
DNSc
SNTP
HTTPd
HTTPc
FTPd
TELNETd
有償オプションプロトコル TLS/SSL [Ubiquitous TLS]
DTLS [Ubiquitous DTLS]
PANA [Ubiquitous PANA]
TFTPc [Ubiquitous TFTPc]
mDNS [Ubiquitous mDNS]

採用アプリケーション例

アプリケーション 利用例
家庭用エアコン用無線・有線 LAN 接続アダプター 無線・有線 LAN 接続で家庭用エアコンを ECHONET Lite で制御
ホームコントロールシステム 長期間、連続稼働、高品質が要求されるホームコントロールシステム
カーオーディオ USB メモリや iPod 等のポータルメディアプレイヤーに入った音楽データを再生
セキュリティカメラ Web 経由でネットワーク監視を行うためのセキュリティカメラ
給湯器制御用無線アダプター 無線接続で給湯器をスマホから制御
スマートメーター対応ホームゲートウェイ スマートメーターおよび各種家電制御を行うためのホームゲートウェイ
ほか、多数