ニュースプレスリリース

2008年10月08日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社の通信ソフトウェア、「ニンテンドーDSi」に採用
~わずか50Kバイトのコードサイズにより無線LAN通信機能強化を実現~

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川内 雅彦、以下、ユビキタス社)は、任天堂株式会社が本年11月1日に発売する携帯型ゲーム機「ニンテンドーDSi」(※1)に、ユビキタス社の通信ソフトウェアが採用されたことを発表いたします。

本通信ソフトウェアは、ユビキタス社の基幹製品であるTCP/IPプロトコルスタック ”UbiquitousTCP/IP” とセキュア通信を行うSSL(Secure Socket Layer)モジュール ”UbiquitousSAFE SSL” をベースに開発されたものです。

これまで、ユビキタス社は「ニンテンドーDS®」向けに、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」対応のゲームソフトウェア開発キットに含まれるライブラリとして任天堂へ通信ソフトウェアを提供してまいりました。今回それに加えて、「ニンテンドーDSi」本体にもユビキタス社の通信ソフトウェアがプリインストールされ、「ニンテンドーDSiブラウザ」のようなWi-Fi通信対応アプリケーションのネットワーク通信機能や「ニンテンドーDSi ウェア」のダウンロード機能などで使われます。

「ニンテンドーDSi」のWi-Fi通信機能強化に伴い、ユビキタス社は通信速度を改善したバージョンの通信ソフトウェアを提供しております。

ユビキタス社は「小さく、軽く、速い」ネットワーク・ソフトウェアにより引き続き小型携帯機器のネットワーク化に貢献していきます。

(※1)「ニンテンドーDSi」について
任天堂の発表をご参照ください。

http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2008/081002.html

■ UbiquitousTCP/IPおよびUbiquitousSAFE SSLについて
ユビキタス社の基幹製品であるTCP/IPプロトコルスタック”UbiquitousTCP/IP”は最小構成時にはわずか10Kバイトという小さなコードサイズを実現しております。2008年8月には全世界で累計1億本の出荷を達成し、各国の通信機器との互換性においても実績を積んでおります。また、ユビキタス社は暗号化技術も自社開発しており、代表製品であるSSL通信モジュール”UbiquitousSAFE SSL”はTCP/IPと合わせてわずか50Kバイトという非常に小さなコードサイズにて、セキュアな通信を実現します。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、ユビキタス・ネットワークの夢を実現することを目指して創業されました。身の回りの様々な機器が、我々が意識することなくネットワークにつながって仕事をしてくれる、そんなユビキタス・ネットワークの実現には「小さく、軽く、速い」ネットワークのソフトウェアが不可欠です。ユビキタス社は世界最小、最軽量、最速のネットワーク・ソフトウェア開発を通じて、ユビキタス・ネットワークの実現に貢献します。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル20F
TEL : 03-5908-3451 FAX: 03-5908-3452
URL : https://www.ubiquitous-ai.com
担当:半田

製品を探す