ニュースプレスリリース

2009年05月12日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社、組込みデータベース DeviceSQL の
最新版 DeviceSQL 4.1を発売
~販売および開発サポート体制を強化し、本格的に組込みデータベース事業を展開~

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川内 雅彦、以下ユビキタス社)は、同社の組込みデータベース製品である DeviceSQL(デバイスエスキューエル)の最新版、Ubiquitous DeviceSQL Release 4.1(以下DeviceSQL4.1)を発売したことを発表いたします。

ユビキタス社は昨年8月に、エンサーク社より「DeviceSQL」の知的財産権を取得し、組込みデータベース事業を進めて参りました。この間、ユビキタス社内の販売および開発サポート体制の強化を進め、この度、ユビキタス社として初めてのリリースとなるDeviceSQL4.1を発売いたします。

DeviceSQLは、組込み機器向けに特化し、データベース機能とデータ処理機能を提供する製品で、世界最小クラスのデータベースエンジン(最小メモリフットプリント24KB)に加え、組込みシステムに最適化したデータ管理機能を実現するフレームワークを提供しています。今回のリリースでは、エンサーク社からユビキタス社へのDeviceSQLの完全移行を中心に、基本性能の向上、ユーザビリティの強化などがはかられています。

DeviceSQL は、DeviceSQL プログラミング言語(PL/SQL準拠)、DeviceSQLコンパイラ、SQLProbeデータベース操作ツール、サンプルアプリケーションが同梱されているDeviceSQL SDKおよびパフォーマンスをチューニングしたサービスライブラリで構成され、実質的にすべてのターゲットOS、CPUに対応できます。そして、一般に普及しているほとんどの開発環境やツールに組込み可能で、既存のデバイスソフトウェア・アプリケーションと簡単に統合できます。すでに日本国内で携帯電話、IPセットトップボックス、カーオーディオ、液晶プロジェクタを始めとする各種機器で採用され、組込み製品として出荷されています。

今回の最新版DeviceSQL4.1の発売は、ユビキタス社がエンサーク社からDeviceSQLの知的財産権を取得してからの初めてのリリースであり、エンサーク社によるDeviceSQL4.0が2008年3月に発表されて以来のアップデートとなります。主な内容は、以下になります。

■ ユビキタス社による開発・パッケージング
エンサーク社からの知的財産権を取得後、ユビキタス社内にDeviceSQL専門の開発部門を構築し、ユビキタス社の開発エンジニアによって独自に機能の実装、テスト、パッケージングが行われています。

■ 基本性能の向上
DeviceSQL4.1では、データベース機能として重要な検索、ソート等の基本性能の向上をはかっている他、既存リリースでサポートされているアプリケーションから任意のタイミングでデータベースファイルをオープンできる機能をPaged Storageにも、そのサポート範囲を拡大しています。

■ ユーザビリティの強化
DeviceSQL4.1では、SQLProbeというデータベース操作ツールをDeviceSQL SDKに標準で同梱し、専用のアプリケーションを構築することなくPC上でデータベースを作成、SQL文による編集をインタラクティブに行うことができます。またSQLProbeを使用して、テーブル内のデータをCSVファイルからインポートする機能、逆にテーブル内のデータをCSVファイルへエクスポートする機能の双方がサポートされており、テーブルへの初期データの設定やアプリケーションのテストなどに活用することができます。

なお、2009年5月13日(水)より東京ビックサイトで開催される第12回 組込み開発システム技術展「ESEC」のユビキタスブース(ブース番号:東46-14)にてDeviceSQL4.1を使用したデモを行います。

■ 株式会社ユビキタス 代表取締役社長 川内 雅彦のコメント
「この度、DeviceSQL4.1をリリースしたことで昨年8月にエンサーク社から取得したDeviceSQLの移行が完了したことをここにご報告いたします。今後は、ユビキタス社として本格的にDeviceSQL事業を推進し、お客様に最適なデータ管理ソリューションを提供していきたいと考えています。また営業および開発サポート体制をさらに充実させていくと共にお客様からの声に耳を傾け、DeviceSQLをさらに発展させ、革新的な製品とサービスでお客様の製品開発を支援していきたいと考えています。」

■ 提供方法
最新のDeviceSQL4.1は、既存のバージョンをお使いで、メンテナンス契約を結んでいるお客様は無償で入手できます。販売は、ユビキタス社もしくは、ユビキタス社の販売代理店より行います。

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
一般用語の「ユビキタス」と区別するために、株式会社ユビキタスをユビキタス社と記載しています。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、ユビキタス・ネットワークの夢を実現することを目指して創業されました。身の回りの様々な機器が、我々が意識することなくネットワークにつながって仕事をしてくれる、そんなユビキタス・ネットワークの実現には「小さく、軽く、速い」ネットワークのソフトウェアが不可欠です。ユビキタス社は世界最小、最軽量、最速のネットワーク・ソフトウェア開発を通じて、ユビキタス・ネットワークの実現に貢献します。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル20F
TEL : 03-5908-3451 FAX: 03-5908-3452
URL : https://www.ubiquitous-ai.com
担当:半田、豊田

製品を探す