ニュースプレスリリース

2009年09月30日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社のTCP/IPプロトコルスタック
「UbiquitousTCP/IP」累計出荷数1億5千万本を突破

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川内 雅彦、以下ユビキタス社)は、2009年9月末時点 で、基幹製品であるTCP/IPプロトコルスタック「UbiquitousTCP/IP」の累計出荷ライセンス数が、全世界で1億5千万本を突破したこと を発表いたします。2008年8月に1億本を突破してから、わずか1年ほどで5千万の追加ライセンスを出荷しています。

「小さく」「軽く」「速い」を特長とするUbiquitousTCP/IPは、多くの半導体メーカーや機器メーカーに採用されています。2005年後半から、ゲーム機用の通信ライブラリとしても導入されはじめ、ライセンス出荷数を大きく伸ばしています。

UbiquitousTCP/IPは、「小さい」コードサイズにより、無線LANチップやマイコンの限られた内蔵メモリ上で動作可能で、簡単にネットワー ク対応を実現するソリューションとして応用されています。また、「軽く」「速い」高速通信によりハイビジョン画像をネットワーク再生・録画する家電製品に も使用されるなど、応用分野がさらに広がっています。

■ UbiquitousTCP/IP の特長
+ 最小構成時約10Kバイト前後のコンパクトなコードサイズ(注1)
+ ARM9 200MHzクロック動作にて240Mbpsの動作実績をもつ、高速通信を実現(注2)
+ OSのない環境にも使用できるよう、カーネル「Ubiquitous Kernel」とともに提供
+ IPv6とのデュアルスタックを提供
+ SSL, UPnP, HTTP, FTPなど豊富な上位プロトコルを提供

UbiquitousTCP/IPは、さまざまなモノとモノが通信しあう、ユビキタス・ネットワーク社会のソフトウェア プラットフォームを目指してユビキタス社の創業間もない2001年に開発され、2003年8月より本格的な量産向け出荷を開始しました。ユビキタス社は、 社名の由来ともなっているユビキタス・ネットワーク社会のさらなる広がりを目標に、今後もより一層UbiquitousTCP/IPの拡販に注力していき ます。これまでネットワークに接続されていなかった様々なデバイスが安価にネットワーク対応を実現するためのプラットフォームとして、「小さく」「軽く」 そして「速い」ソフトウェアコンポーネントの提供を続けていきます。

(注1):コードサイズはCPUおよびコンパイラに依存して前後します
(注2):FTPを使用した実測データ

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、ユビキタス・ネットワークの夢を実現することを目指して創業されました。身の回りの様々な機器が、我々が意識することなくネットワークにつながって仕事をしてくれる、そんなユビキタス・ネットワークの実現には「小さく、軽く、速い」ネットワークのソフトウェアが不可欠です。ユビキタス社は世界最小、最軽量、最速のネットワーク・ソフトウェア開発を通じて、ユビキタス・ネットワークの実現に貢献します。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル20F
TEL : 03-5908-3451 FAX: 03-5908-3452
URL : https://www.ubiquitous-ai.com
担当:半田、豊田

株式会社ユビキタスPRデスク (株式会社アクティオ内)
TEL:03-5771-6426  E-mail: ubiquitous-pr@actioinc.jp
担当:中村、大蒲

製品を探す