ニュースプレスリリース

2010年02月17日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社の組込みデータベース「DeviceSQL」
オリンパスのデジタルカメラに採用
~快適な写真検索を支える超高速なデータベース技術~

 株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川内 雅彦、以下ユビキタス社)は、オリンパスイメージング株式会社(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:大久保 雅治、以下オリンパス)が本年1月に発表したコンパクトデジタルカメラの新製品μTOUGH-3000に、組込みデータベース製品Ubiquitous DeviceSQL(以下、DeviceSQL)が採用・搭載されたことを発表します。

 μTOUGH-3000には、日付、場所*1、人物の情報、撮影時のシーンモードや、お気に入りのコレクションなどの様々なカテゴリーで写真を検索し、カメラ内の画像をサーフィンするような感覚で、思いのままに楽しむことができる新機能「フォトサーフィン」が新たに搭載されました。世界最小、超高速の組込みデータベースであるDeviceSQLはこの「フォトサーフィン」機能の実現に大きく貢献することが出来ました。

 昨今、記録メディアの大容量化が進み、大量の写真がカメラ内に保存されるようになった結果、様々な観点から写真を整理し、見たい写真をすぐ見つけて表示する事が求められています。従来のように単に写真をファイルとして管理するだけでは、目的の写真を見つけ出すのに多くの手間と時間がかるため、データベースを利用して効率的にそれらの各種メタデータを管理していく必要が高まってきています。その際に、ユーザーの使い勝手を左右する大きなポイントはデータを検索するスピードであり、今回、DeviceSQLの検索の高速性が評価され採用に至りました。

 μTOUGH-3000での「フォトサーフィン」の利用例
日付、場所*1、人物の情報や、撮影時のシーンモード、お気に入りのコレクションから検索し、カメラ内の画像を思いのままにサーフィンする感覚で鑑賞できます。

*1付属のアプリケーションソフトウェア「ib」による位置情報の付加が必要です。

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

Ubiquitous DeviceSQL について

Ubiquitous DeviceSQLは、組込み機器向けに特化し世界最小クラスのデータベースエンジン(最小メモリフットプリント24KB)を持ち、DeviceSQL言語でデータロジックを記述しコンパイラを用いてCコードに変換するという先進的なアプローチでの開発を可能にした、組込み向けデータベースソフトウェアです。DeviceSQL SDK, DeviceSQLコンパイラ、SQLProbeデータベース操作ツール、サンプルアプリケーションなどが同梱されている開発キットおよびパフォーマンスをチューニングしたサービス ライブラリで構成され、実質的にすべてのターゲットOS、CPUに対応できます。そして、一般に普及している開発環境やツールに組込み可能で、既存のデバイスソフトウェア・アプリケーションと簡単に統合できます。すでに世界中で携帯電話、IPセットトップボックス、デジタルカメラ、カーオーディオ、液晶プロジェクタを始めとする各種機器で採用され、組込み製品として出荷されています。詳細は、ホームページの製品情報をご覧ください。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、ユビキタス・ネットワークの夢を実現することを目指して創業されました。身の回りの様々な機器が、我々が意識することなくネットワークにつながって仕事をしてくれる、そんなユビキタス・ネットワークの実現には「小さく、軽く、速い」ネットワークのソフトウェアが不可欠です。ユビキタス社は世界最小、最軽量、最速のネットワーク・ソフトウェア開発を通じて、ユビキタス・ネットワークの実現に貢献します。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル20F
TEL : 03-5908-3451 FAX: 03-5908-3452
URL : https://www.ubiquitous-ai.com/contact/others/
担当 :半田、豊田

株式会社ユビキタスPRデスク (株式会社アクティオ内)
TEL : 03-5771-6426 E-mail : ubiquitous-pr@actioinc.jp
担当 : 中村、大蒲

製品を探す