ニュースプレスリリース

2010年11月25日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社、村田製作所とセンサーネットワーク製品開発で協業
~Ubiquitous Network Framework を使った無線LANセンサーモジュールを試作開発~

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:家髙 朋之、以下ユビキタス社)は、株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市 代表取締役社長:村田 恒夫、以下村田製作所)と協業し、センサーネットワークモジュール製品の開発に共同で取り組み、無線LANセンサーモジュールを試作開発したことを本日発表いたします。

今回、試作開発した 「無線LANセンサーモジュール」 は、村田製作所の開発する無線LAN対応センサーネットワークモジュールに、ユビキタス社の「小さく」、「軽く」、「速い」ネットワークプラットフォーム 「Ubiquitous Network Framework」 を搭載したものです。今回の協業に基づき、低消費電力・低リソースでありながら、高いスループット(通信速度)を達成し、かつ、機能豊富なセンサーネットワークソリューションとして製品化の実現を目指します。

ホームネットワーク対応のデジタルテレビ、無線LAN対応のポータブルゲーム機器、携帯電話やスマートフォンなど、組込み機器におけるネットワーク対応のニーズが高まっています。直近では、ネットワーク上のクラウドサービスとネットワーク対応組込み機器によるサービスソリューション、スマートグリッドといった、広い分野でのネットワーク・無線通信のニーズもますます高まっています。

今回の協業は、このような背景のもと、センサー分野におけるネットワークのニーズをいちはやく取り込み、ユビキタス社と村田製作所双方の強みを生かした、センサーネットワークソリューションの製品化を実現する取り組みの一環となります。

一般家庭やオフィス、ホットスポットや公共交通機関など、広く普及したネットワークインフラである無線LANにセンサーを対応させることで、特別な機器を用意することなくセンサーをネットワーク、インターネットに接続可能となり、「人と人」、「人と物」、「物と物」をつなぐユビキタス・ネットワークの実現を更に加速させることが可能となります。

なお、2010年12月1日(水)~3日(金)の期間、パシフィコ横浜で開催される組込み総合技術展「Embedded Technology 2010」のユビキタスブース(ブース番号:D-02)にて本試作開発の静展示、及び村田製作所ブース(ブース番号:D-17)にてデモンストレーション展示を行います。

■株式会社村田製作所 モジュール事業本部 ソリューションサービス部 部長 児堂 義一様のコメント
「ゲーム機器などで非常に高い実績のある Ubiquitous Network Framework を使って、低消費、低リソースのセンサー内蔵無線LANモジュールを実現するために、ユビキタス社と協業できることを嬉しく思います。今回の試作をベースに、弊社の豊富なセンサーモジュールのラインアップを生かし、様々な無線LAN対応センサーモジュールの企画・開発を進めて参ります。」

■株式会社ユビキタス 代表取締役社長 家髙 朋之のコメント
「無線LANの市場におけるリーディングカンパニーである村田製作所殿との今回の協業を大変嬉しく思っております。弊社の「小さく」、「軽く」、「速い」ネットワークソリューションである 「Ubiquitous Network Framework」 は、既に2億本を超える出荷実績となっており、広く社会で使用されており、本製品を利用いただくことで、村田製作所殿が開発する無線LAN対応センサーモジュールにおいても、低消費、低リソースかつ高機能を実現することに寄与すると考えております。今後とも、弊社が掲げている、「ユビキタス・ネットワーク」を実現するための協業として引き続き取り組んでまいります。」

■Ubiquitous Network Framework の特長
(1) 「小さく」「軽く」「速い」
- プログラムサイズが小さく、ROM/RAMともに少ない容量で動作可能
- お客様が開発する製品に応じ、機能を限定するなどでさらなる小型化が可能
- 効率的な動作を念頭に設計、最適化。これにより非常に低いCPU占有率を実現
(2) 優れた移植性
- 市場に存在するほとんどのCPUで利用可能
(3) IPv6とのデュアルスタックを提供
(4) セキュリティ・ホームネットワーク・NOE (Network Offload Engine) などの豊富なオプションを提供し、すぐに目的の製品の開発が行える環境を提供

Ubiquitous Network Framework (及びその前身となるUbiquitousTCP/IP) は、さまざまなモノとモノが通信しあう、ユビキタス・ネットワーク社会のソフトウェア プラットフォームを目指してユビキタス社の創業間もない2001年に開発され、2003年8月より本格的な量産向け出荷を開始しました。ユビキタス社は、社名の由来ともなっているユビキタス・ネットワーク社会のさらなる広がりを目標に、今後もより一層 Ubiquitous Network Framework の拡販に注力していきます。これまでネットワークに接続されていなかった様々なデバイスが安価にネットワーク対応を実現するためのプラットフォームとして、「小さく」「軽く」「速い」ソフトウェアコンポーネントの提供を続けていきます。

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術などの多数のソフトウェアを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。

投資家の皆様へ

本プレスリリースは、弊社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。弊社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信・マイルストーン開示などをご参照ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル20F
TEL : 03-5908-3451 FAX: 03-5908-3452
URL : https://www.ubiquitous-ai.com/contact/others/
担当 : 半田、川村

株式会社ユビキタスPRデスク (株式会社アクティオ内)
TEL : 03-5771-6426 E-mail : ubiquitous-pr@actioinc.jp
担当 : 中村、大蒲

製品を探す