ニュースプレスリリース

2017年02月21日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社の高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」
累計出荷数1,000万本を突破!
~車載機器を中心に幅広いアプリケーションで導入が拡大~

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下「ユビキタス社」)は、2017年1月末日時点で、Linux/Androidの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」の累計出荷ライセンス数が、全世界で1,000万本を突破し、1,100万本に達したことを発表します。

Ubiquitous QuickBootは2010年3月の発売以来、カーナビゲーションをはじめとする車載機器を中心に、パネルコンピューター、セールス支援端末、デジタルカメラ、無線基地局、レーダー装置、医療診断機器、電子ブック、スマートテレビなど、特にユーザーインターフェイスを持った機器で、高速に起動して操作を開始できることがユーザー満足度を高めると評価され、幅広い分野で採用が拡大しています。

また、バッテリー駆動の電子機器ではバッテリーの持ちが課題になっていますが、QuickBootを導入することで、電源オフの状態から高速に起動できるようになります。起動時のストレスが抑えられるため、電子機器を使用しない場合には完全に電源を切って電力の消費を抑え、ユーザーによる充電頻度を低減するなど、利便性向上に一役かっています。

最新のバージョンでは、組込み機器で採用が高まる高性能64ビットCPUにも対応し、システムの改ざん防止のためのSecureBootなどと共存して、より高速に、またセキュアな起動を可能にする高速起動ソリューションとして進化を遂げています。

■製品概要
Ubiquitous QuickBootは、ユビキタス社が独自に開発したシステムの高速起動ソリューション(※特許登録済)です。顧客が開発する機器の起動時間を簡単に短縮し、省電力と共に快適なユーザーエクスペリエンスの実現を支援します。

動作原理の違い.png


●特長:
・世界最速クラスの起動を実現
・アプリケーションサイズに関わらず、完全に電源が切断された状態からの高速起動を実現
・Ubiquitous QuickBoot SDKの利用により、機器開発が容易
・セキュアブートに対応
●対応OS:Linux/Android
●適用分野:車載機器、デジタル家電、モバイル機器、産業機器など

ユビキタス社は、引き続き車載システムを中心に高速起動ソリューションの積極的な展開を図ってまいります。

製品情報の詳細は、当社ホームページをご覧ください。
https://www.ubiquitous-ai.com/products/os/quickboot/

※ 本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

Ubiquitous QuickBoot について

Ubiquitous QuickBootは、ユビキタス社が独自に開発したシステムの高速起動ソリューションです。従来のハイバネーション方式と異なり、アプリケーションサイズに関わらず、完全に電源が切断された状態からの高速起動が可能となります。機器開発者は、QuickBoot SDK を利用することで、自社の製品を高速起動対応させることができます。そのため、省電力での動作を実現し、さらに高速起動によって快適なユーザーエクスペリエンスを実現します。QuickBoot SDKは、ARM社が提供するARMコアシリーズ(ARM9、ARM11、Cortex-A5/A7/A8/A9/A15/A53/A57 シングルコア/マルチコア)に対応しています。他のCPUアーキテクチャについては、個別対応可能です。

※ ARM、Cortex、はARM Limitedの登録商標または商標です。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

/">https://www.ubiquitous-ai.com/

投資家の皆様へ

本プレスリリースは、ユビキタス社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。

本製品に関するお問い合わせ先

/contact/others/
URL : https://www.ubiquitous-ai.com/

■株式会社ユビキタス 事業本部 組込みソフトウェア事業部 (担当:木村)
TEL : 03-5908-3451  E-Mail : sales_info@ubiquitous-ai.com

製品を探す