ニュースプレスリリース

2018年05月08日
株式会社ユビキタス

ユビキタス社の「Ubiquitous Wi-SMART」が
ローム社製通信モジュールとの組み合わせでWi-SUN HANの認証を取得

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下「ユビキタス社」)は、Wi-SUN※1対応プロトコルスタックであるUbiquitous Wi-SMARTが、ローム株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:澤村 諭、以下「ローム社」)の920MHz帯無線通信モジュール(BP35C0)(以下「ローム社製モジュール」)との組み合わせ(以下「本組み合わせ」)で、Wi-SUNアライアンスのWi-SUN HAN認証を取得したことを発表します。

Wi-SUN HANは、Wi-SUNアライアンスが制定するHEMSコントローラ(親機)と家庭内のHEMS対応機器が接続する際の通信規格です。従来のBルート向けのWi-SUNでは1対1の通信でしたが、Wi-SUN HANでは家庭内のHEMS対応機器を複数同時に制御できるようになりました。また、従来のWi-SUNでは煩雑だったHEMS機器とスマートメーター※2の認証方式が簡便化され、ワンタッチで機器認証できるようになり、複数のHEMS対応機器を扱う上での利便性も向上しています。

このたび、ローム社製モジュールと組み合わせたUbiquitous Wi-SMARTがWi-SUN認証を取得しました。顧客企業は、ユビキタス社から提供されるUbiquitous Wi-SMARTをセット基盤上でローム社製モジュールへ書き込むことによって、ローム社製モジュールに今回取得したWi-SUN認証番号を適用できます。これにより、既にモジュールを利用している場合も含め、Wi-SUN HAN認証取得製品が短期間で開発できるようになります。Ubiquitous Wi-SMARTは、本組み合わせを採用したシステムの提供が予定されるなど、安定性と利便性が評価されています。

■ローム株式会社 産機戦略部 部長 上林 忠史 様のコメント
ロームは、ユビキタス様のUbiquitous Wi-SMARTのWi-SUN HAN認証取得を心より歓迎いたします。 ロームが2014年4月にWi-SUN Bルート対応の無線モジュールを開発して以降、ハードウェアの進化、通信スタックの規格化が進み、このたび、ユビキタス様のWi-SUN HAN対応 Ubiquitous Wi-SMARTのWi-SUN認証に弊社の無線通信モジュール(BP35C0)が適用されたことで、Wi-SUN通信方式が住宅エリアのアプリケーションへ大きく広がるきっかけになることを期待しております。


またユビキタス社は、住宅関連機器を制御する通信プロトコルであるUbiquitous ECHONET Liteを提供しており、2012年の発売以来、数多くのHEMS機器やHEMSコントローラ、無線LANモジュールなどで利用されています。現在、このUbiquitous ECHONET Liteは、Ubiquitous Wi-SMARTが搭載された、ローム社や株式会社村田製作所などが製造する多くのWi-SUNモジュールと組み合わせて利用できます。

ユビキタス社は、今後も注力事業であるスマートホーム/エネルギー関連での製品展開を積極的に行い、さらなる事業の拡大に努めてまいります。

なお、2018年5月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催される2018 Japan IT Week 春「第7回 IoT/M2M展(春)」のユビキタス・AIコーポレーション グループ ブースにて本組み合わせを利用したデモ展示を行う予定です。

「2018 Japan IT Week 春/第7回 IoT/M2M展 春」 出展概要
会期:2018年5月9日(水)~11日(金)
会場:東京ビッグサイト ユビキタス・AIコーポレーション グループ ブース(小間番号:西10-50)
(2018 Japan IT Week 春/第7回 IoT/M2M展 春」ホームページ:http://www.m2m-expo.jp/Home_Haru/

※1 Wi-SUNはWi-SUN Allianceの登録商標または商標です。
※2 スマートメーター:デジタル方式での電力計測と通信機能をそなえた電力計。電力会社と利用者との電力使用量データのやりとりや家電製品などの制御など、エネルギー需給の安定化に向けた活用が見込まれます。
※ 本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

Ubiquitous ECHONET Liteについて

Ubiquitous ECHONET Liteは、デバイス(ECHONET Lite対応の機器開発)向けとコントローラーアプリ開発向けの2種類のECHONET Lite SDKを用意しています。また、ECHONET Lite通信処理部に相当するライブラリと移植層から構成されたミドルウェアであるUbiquitous ECHONET Lite Core Libraryは、多様なOS・CPUに対応できるため、顧客企業の既存システムにECHONET Liteを追加する場合もスムーズに適用できます。
<製品詳細: https://www.ubiquitous-ai.com/products/connect/echonet-lite/ >

Ubiquitous Wi-SMARTについて

Ubiquitous Wi-SMARTは、東京電力株式会社の次世代電力量計「スマートメーター」とホームゲートウェイの通信方式にも採用された「Wi-SUN」での920MHz帯無線通信を行うための小型な無線プロトコルスタック製品です。6LoWPAN(IPv6 over Low-Power Wireless Personal Area Networks)技術を搭載しており、帯域の細い無線でも安定してIP通信を行うことができるほか、安価なマイコンや無線モジュールでも動作が可能なため、顧客企業のハードウェア環境に幅広く適応します。また、本製品は2014年の株式会社スカイリー・ネットワークスとの業務提携に基づき提供しています。
<製品詳細: https://www.ubiquitous-ai.com/products/wireless/wi-smart/specification.html >

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術などの多数のソフトウェアとサービスを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。
本社所在地 : 東京都新宿区西新宿1-21-1明宝ビル6F / URL : https://www.ubiquitous-ai.com/

投資家の皆様へ

本プレスリリースは、ユビキタス社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

■株式会社ユビキタス 市場開発室 (担当:藤井)
TEL : 03-5908-3451
Webからのお問い合わせ : https://www.ubiquitous-ai.com/contact/others/

本製品に関するお問い合わせ先

■株式会社ユビキタス コネクティビティ事業部 事業企画グループ (担当:三阪)
TEL : 03-5908-3451  E-Mail :sales_info@ubiquitous-ai.com

製品を探す