ニューストピックス

2018年12月19日
株式会社ユビキタスAIコーポレーション

Ubiquitous Wi-SMART が Wi-SUN Enhanced HAN 認証テスト用のテストベッドとして承認
~ローム株式会社の Wi-SUN 通信モジュールとの組み合わせで実現~

去る12月13日、Wi-SUN※1対応プロトコルスタックである Ubiquitous Wi-SMART が、Wi-SUN アライアンスの Enhanced HAN の認証テスト用のテストベッドデバイス、Certified Test Bed Unit (以下「CTBU」) としての承認を獲得しましたのでお知らせします。

Wi-SUN アライアンス認証の取得にあたっては、規格への適合性を確認するための適合性試験(Conformance Test)と、Wi-SUN アライアンスが認めた CTBU との相互接続性試験(Interoperability Test)の2種類の試験を行います。Ubiquitous Wi-SMART はすでに Wi-SUN Enhanced HAN 認証を取得していますが、今回は、新たに株式会社スカイリー・ネットワークスの協力により、ローム Wi-SUN 通信モジュール「BP35C0」との組み合わせで CTBU として承認されました。今後は、相互接続性試験でも Ubiquitous Wi-SMART をご利用いただくことで、より一層の Wi-SUN の普及、スマート社会の実現に貢献してまいります。

Wi-SUN HAN は、HEMS コントローラ(親機)と家庭内の HEMS 対応機器を接続する際に用いる、Wi-SUN アライアンスが制定する通信規格です。Wi-SUN Enhanced HAN では、通常の Wi-SUN 通信範囲では届かない宅外などとの通信を行うための多段中継機能と、電池で動作するような機器を対象とした省電力化を意識したスリープモード機能が加わっています。Wi-SUN Enhanced HAN の対応により、幅広い家庭内の HEMS 対応機器を接続対象とすることが可能となります。

今回の CTBU 対応を行った Ubiquitous Wi-SMART と、ローム Wi-SUN 通信モジュールを組み合わせることによって、Wi-SUN Enhanced HAN の認証対応機器を非常に短期間で開発することが可能となります。

※1 Wi-SUN: Wireless Smart Utility Network

製品を探す