ニューストピックス

2021年02月22日
株式会社ユビキタスAIコーポレーション

Linux/Android高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」が、STマイクロエレクトロニクス社 STM32MP1シリーズに対応
~STマイクロエレクトロニクス社製STM32MP1シリーズ評価ボードのサポートを開始~

このたび、Linux/Androidシステムの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」(以下「QuickBoot」)が、STマイクロエレクトロニクス社 STM32MP1シリーズのサポートを開始したことをお知らせします。

QuickBootは、ユビキタスAIコーポレーション(以下「ユビキタスAI」)が独自開発した起動技術を使用し、全世界で累計4,600万本以上(2020年12月末時点)を出荷しているソフトウェア製品です。アプリケーション側で使用しているメモリ量に依存せず、電源オフの状態からわずか数秒※1で起動し、ユーザーが使用できる状態にします。

STM32MP1シリーズは、幅広いアプリケーションの開発を容易にする汎用マイクロプロセッサです。シングル・コアまたはデュアル・コアのCortex-A7と高性能Cortex-M4を組み合わせたヘテロジニアス・マルチコアをベースに、さまざまなアプリケーションをサポートする機能が強化されており、優れた性能と電力効率を提供します。

今回、OpenSTLinuxをベースとしたQuickBootの開発を行い、STマイクロエレクトロニクス社 SoC評価ボードSTM32MP157A-EV1およびSTM32MP157C-DK2の2種類のボードでQuickBootがご利用いただけるようになりました。

ベンチマーク:通常起動とQucikBoot R2.0を適用したQuickBoot起動

202102_QB-ST32MP1-Support.jpg

評価環境

 STマイクロエレクトロニクス社製評価ボード
 STM32MP157A-EV1
 OS:OpenSTLinux
 DRAM:1GB DDR3L
 Storage:eMMC v5.0
 Monitor:MIPI DSIインターフェース

起動時間

 通常起動:38.17秒
 QuickBoot起動 (Advancedモード):5.54秒
※1 起動時間には電源ONからブートローダー起動完了までの処理時間約2秒を含みます。

  • STマイクロエレクトロニクス社 STM32MP1シリーズについての詳細は、以下のURLを参照ください。
    URL:https://www.stmcu.jp/stm32/stm32mp1/
  • QuickBootの詳細については、以下をご参照ください。

「Ubiquitous QuickBoot」製品ページ