Bluetooth / Wi-Fiワンストップソリューション ComboConnect Bluetooth と Wi-Fiの開発管理、障害解析をシンプルに

ComboConnect は、IoT機器で使用されるMCU搭載型Bluetooth / Wi-Fi無線通信コンボモジュールの省リソースMCU上での無線通信機能を実現するソリューションです。
Linux OSなどの汎用組込みOSが稼働するCPU搭載ボードに装着する、MCU非搭載型の無線通信コンボモジュールのサポートも可能です。

特長

これまでの無線通信向けの組込みソフトウェア開発、特に、Bluetooth通信機能開発とWi-Fi通信機能開発は、提供される開発ツールや技術ノウハウの違いから、個別の開発スタッフやベンダーが対応することが多く、開発管理や障害解析が複雑化することがありました。
ComboConnectは、BluetoothとWi-Fiの両機能をワンストップで提供することで、開発工程の簡略化や品質の早期安定化に役立ちます。また、カスタマイズ、エンジニアリングをユビキタス・AI コーポレーション グループで一括して対応できるので、BluetoothとWi-Fi双方の特長を活かした対応機能やアプリケーション開発ができます。

Bluetooth / Wi-Fi 機能に対応

Bluetooth Low Energy(BLE)、Classic BluetoothとWi-Fiの無線通信機能を提供

ハンドオーバー、かんたん認証機能(※)

BLEのみ対応のIoT機器でも、Wi-Fi経由でクラウドサービス(インターネット)に接続
BLE接続で、Classic Bluetoothペアリング、Wi-Fi認証を容易化

パワーセーブ機能(※)

利用状況に応じて、Wi-FiやBluetoothの無線出力、省電力モードへの移行制御をサポート

無線干渉防止機能(※)

BLE、Classic Bluetooth、Wi-Fiの無線干渉を最小限に抑えた同時使用を実現

ファイアウォール機能(セキュリティオプション)

Wi-Fi経由での各種外部攻撃の防止およびパケットのフィルタリング

※ 搭載環境に応じ、都度ご相談となります。

利用イメージ

BLEで簡単、安全にセットアップ
複雑な設定もスマホアプリを利用して簡単に設定可能

大型家電など常設機器にComboConnectを適用すれば、電池駆動の小型エッジデバイスを自由にクラウドと接続させるゲートウェイ機能が簡単に実現できます。小型エッジデバイスを活用した、より充実したアプリケーションサービスが提供できます。

製品構成ブロック図

主な用途(アプリケーション例)


デジタルカメラ


ハンディターミナル


産業機器


ゲートウェイ端末


モバイルルーター


プリンター


スキャナー


PDA


車載機器


計測装置

※その他、さまざまな用途にご利用いただけます。くわしくはお問い合わせください。

技術サポート体制

1年間の技術サポートを有償で提供します。開発段階の技術的な疑問に、製品を熟知した専任サポートスタッフがメールや電話でサポートし、お客様の開発を強力にバックアップします。
また、ご要望に応じて、移植請負開発を承ります。

製品を探す