ニュースプレスリリース

2020年11月05日
株式会社ユビキタスAIコーポレーション

ユビキタスAIコーポレーション、RISC-V対応した商用リアルタイムOSの最新版を11月6日(金)に販売開始
~高速動作・省メモリ・省電力の商用RTOSで、組込み機器の高性能化、低価格化を実現~

株式会社ユビキタスAIコーポレーション(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長谷川 聡、以下「ユビキタスAIコーポレーション」)は、TOPPERS第三世代カーネル統合仕様に準拠したリアルタイムOS(以下「RTOS」)「TOPPERS-Pro/ASP3」がオープンな命令セットアーキテクチャRISC-Vに対応し、2020116日(金)に販売を開始することを発表します。

TOPPERS-Pro/ASP3は、NPO法人TOPPERSプロジェクトが開発したオープンソースカーネル「TOPPERS/ASP3」をベースに、ユビキタスAIコーポレーションが開発・販売しているRTOSソリューションパッケージで、以下を特長とします。

TOPPERS-Pro/ASP3の特長

  • µITRON4.0仕様を拡張・改良したシングルコア向けのコンパクトなRTOS
  • ティックレスで動作(精度向上、省電力に有効)
  • システム時刻精度がマイクロ秒単位になり高精度な処理が可能
  • ユビキタスAIコーポレーションが、対応ミドルウェア・ツール・保証・技術サポートを提供

RISC-Vは、カリフォルニア大学バークレー校で開発が始まり、現在は非営利団体RISC-V Foundationで管理されているオープンな命令セットアーキテクチャ(Instruction Set ArchitectureISA)です。通常、ISAを利用するためには、高額なライセンス料が必要となりますが、RISC-Vの使用にはライセンス料が不要です。また、RISC-Vの開発は、GoogleIBMQualcommSamsungなど多くの企業が参加する大規模なプロジェクトとなっており、大きな注目を集めています。

半導体取り扱いメーカーは、RISC-Vを利用することで、プロセッサを安価に提供できるようになります。また、このプロセッサを使用するIoT機器メーカーは、IoT機器の製造コストの抑制、低減分の費用を使った機能追加や高性能化によってIoT機器の付加価値の向上が図れます。RISC-Vは、常にコスト削減が求められている制御/通信機器向けのマイクロコンピューター(以下「マイコン」)の置き換えや、生産台数の多いIoT機器、次世代携帯端末向けなどでの普及が期待されています。

ユビキタスAIコーポレーションは、TOPPERS-Pro/ASP3 RISC-V対応によって、Linuxを採用しづらい小規模システムや、より一層の低消費電力化を求められるマイコン搭載機器に適したRTOSを提供し、IoT機器の高性能化、低価格化に貢献してまいります。

株式会社ユビキタスAIコーポレーション(証券コード3858)について

ユビキタスAIコーポレーションは、組込み機器開発に必要とされるソフトウェアを中心とした自社開発製品および海外メーカー製品の販売・サービス提供を行う企業です。標準規格に準拠した製品から、最先端の製品まで、豊富な製品・サービスラインアップと開発プロジェクトを支援するエンジニアリングサービスを提供しています。高度な技術開発力と専門知識で「お客様」、「社会」のより良い未来に貢献します。
本社所在地 : 東京都新宿区西新宿1-21-1明宝ビル6F / URL : https://www.ubiquitous-ai.com/

投資家の皆様へ

本ニュースリリースは、ユビキタスAIコーポレーションの定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタスAIコーポレーション マーケティング&コミュニケーション部 (担当:藤井)
TEL : 03-5908-3451
Webからのお問い合わせ

本製品に関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタスAIコーポレーション TOOPERS事業部
Webからのお問い合わせ