ニューストピックス

2022年03月15日
株式会社ユビキタスAIコーポレーション

リアルタイム OS「TOPPERS-Pro/ASP3」がSTM32H7に対応

ティックレス対応シングルコア向け RTOS(リアルタイム OS)「TOPPERS-Pro/ASP3」が、STマイクロエレクトロニクス社製高性能マイコン「STM32H7 シリーズ」に対応しました。

「TOPPERS-Pro/ASP3」は、NPO法人TOPPERSプロジェクトが開発したオープンソースカーネル TOPPERS/ASP3 をベースにユビキタスAI が開発・販売している RTOS ソリューションパッケージで、IoT 機器から家電、産業向け機器など幅広い分野での実績があります。

他社製μITRON仕様 OS に対し、「TOPPERS-Pro/ASP3」は、

  • CPU の高性能化や OS 技術の進化に追随しながら、μITRON 仕様との互換性を考慮した改良が常に行われている
  • 省電力や高精度な時間管理に寄与するティックレス動作をサポートしている
  • マイクロ秒単位で時間が管理されている

といった特長があります。

また、オープンソースの RTOS に比べ、

  • 品質保証・知財保証がある
  • 技術サポートや移植開発などのサービスが受けられる
  • 動作確認・動作実績のあるミドルウェアや開発ツールが用意されている

といったメリットがあります。

STM32H7 シリーズは、Arm Cortex-M7 シングルコアまたはCortex-M7+Cortex-M4 のデュアルコアで構成されている高性能なマイコンです。
STM32H7 シリーズ用の TOPPERS-Pro/ASP3 は、STM32H7 の Cortex-M7 コア、Cortex-M4 コアのどちらか一方または両方のコアで動作させることができます。このため、お客様の用途に合わせて柔軟にシステムを構築できます。
また、コア間/OS 間の通信には TOPPERS-Pro MDCOM が使用できます。(近日対応予定)

STM32H7 向け TOPPERS-Pro/ASP3 構成例

stm32h7_1.png Cortex-M7 コア、Cortex-M4 コアの両方で TOPPERS-Pro/ASP3 が動作する例。
コア間・OS 間の通信には TOPPERS-Pro MDCOM が使用できます。
stm32h7_2.png Cortex-M7 コアで TOPPERS-Pro/ASP3 が動作する例。
Cortex-M4 コアは他の OS や OS なしで使用します。
コア間・OS 間の通信には TOPPERS-Pro MDCOM が使用できます。
stm32h7_3.png Cortex-M4 コアで TOPPERS-Pro/ASP3 が動作する例。
Cortex-M7 コアは他の OS や OSなしで使用します。
コア間・OS 間の通信にはTOPPERS-Pro MDCOM が使用できます。
stm32h7_4.png Cortex-M7 コアで TOPPERS-Pro/ASP3 が動作する例。

※ 他 OS や OS なしの環境で TOPPERS-Pro MDCOM を使用するには、別途移植作業が必要になります。


TOPPERS-Pro シリーズは、IoT 機器から家電、産業向け機器など幅広い分野でお使いいただける RTOS です。
ユビキタスAI では、STM32H7 が持つイーサネットや USB、グラフィックをサポートできるミドルウェアや開発・デバッグ・品質向上に有用なツールを技術サポートや製品保証とともに提供します。

TOPPERS-Pro/ASP3 製品ページTOPPERS-Pro MDCOM 製品ページ

TOPPERS-Proシリーズ製品一覧はこちら

TOPPERS-Pro シリーズ各製品について、ご興味やご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら