大気質モニタリングサービス BreezoMeter AI に基づいた独自の分散アルゴリズムによる大気質の解析データを提供

※(2020.07.13)アップデートにより、AIを活用して5メートル四方の高解像度データの提供が可能になりました。 詳しくは こちら

BreezoMeter は、世界中の大気質に関するビッグデータ(PM2.5NO2SO2、オゾン、花粉等)をリアルタイムで分析・予測・追跡するサービスです。
既に世界92か国で8,400万人以上がBreezoMeter のデータを利用しており、同社は大気質の状態が事業と密接に関わるスマートホーム、スマートシティ、自動車、ウェルネス、フィットネス、化粧品などを取り扱う、さまざまな企業に対しAPI を通じてサービスを提供しています。

お客様は、ユビキタスAIコーポレーションを通じて、BreezoMeter のサービスと、サービス利用のために必要となるAPIをご利用いただけます。

主な提供情報

  • リアルタイム大気質
  • 原因と影響
  • 主要汚染物質名
  • 健康に関する勧告
  • 汚染ヒートマップ
  • リアルタイム天気
  • 汚染物質濃度
  • 天気予報
  • リアルタイム花粉 データ
  • 最大 24時間のエアクオリティインデックス予測
  • 最大 4日間のエアクオリティインデックス予測

主な特長

  • ロケーションベース:都市別の大まかな指数ではなく、現在地の花粉飛散データを把握
  • 大気質の見える化:大気質の状況をグラデーション色のヒートマップ表示で分かりやすく可視化
  • 現在の状況+4日間の予測:AI ベースのアルゴリズムを使うことにより、現在だけでなくこの先の状況を予測
  • グローバルなデータ:世界各地の47,500台のセンサーからビッグデータを生成し、毎時8TB 以上のデータを検証しており、グローバルなデータの提供が可能
  • 局所的データ:AI を用いた独自の分散アルゴリズムにより解析しているため、データのメッシュが細かく、地区や通りが違うだけで状態が異なるだけでなく、風や地形、交通状況など、さまざまな要因の影響を受けて一日中変化している大気質のデータを5メートル単位の高解像度で提供

ご利用例

  • ダイソンの空気清浄機では、リアルタイムの大気質レベルを屋外と屋内で比較して表示
  • HELLA のエアクオリティ管理システムは、AQI 予測、花粉指数、プレアクティベーション機能など、クラウドからの大気質データ情報で乗員を大気汚染の危険から回避
  • その他Jonson Controls 社の空調機器やALK 社のアレルギー治療など、製造販売を中心とする企業だけでなく、faurecia 社のスマートシティダッシュボードなど公共の場でも幅広く採用

BreezoMeter顧客からは下記のような成果が報告されています

  • 購買意欲向上で装置売上45%増加
  • フィルターや周辺機器の売上増加
  • サービス更新の増加
  • BreezoMeterの大気質データ追加後、アプリ/製品へのユーザーの関与が平均2.4倍に増大

BreezoMeter 基本 API

  • 大気質API:リアルタイムに大気質データを取得
  • 履歴API:汚染履歴を表示
  • 予測API:最大 4 日間の予測が可能
  • ヒートマップAPI:汚染ヒートマップを表示
  • 花粉API:花粉飛散数を取得