MISRA 準拠 TCP/IP IPv4/v6 HE-NETv4、HE-NETv6、HE-NETv4/v6 MISRA C 準拠。高品質、小フットプリント設計で実績豊富

HCC 社の MISRA 準拠 TCP/IP プロトコルスタック「HE-NET」は、高い品質、信頼性およびパフォーマンスを実現するために、MISRA C に準拠して開発された組込み機器向け TCP/IP ソリューションの SDK です。同じく MISRA C に準拠した SSL/TLS ソフトウェア「HE-SSL」「HE-TLS1.3」もドロップイン・ソリューションとして提供可能です。また、HE-NET への拡張パッケージとして、IPsec/IKE ソフトウェア「HE-IPSEC」の提供も可能です。

少ない ROM/RAM フットプリントで動作するよう設計されており、IoT デバイスなどのワンチップマイクロコントローラ向け TCP/IP ソリューションに最適です。

主な特長

  • MISRA C 準拠
  • 標準 BSD ソケットインターフェースと独自 Zero Copy API インタフェース
  • 少ない ROM/RAM フットプリント
    ワンチップマイクロコントローラ向け TCP/IP ソリューションに最適
  • グローバル市場において豊富な実績
  • 移植が容易なモジュール構造
  • 幅広い Ethernet コントローラサポート
  • 他のアプリケーションの実行を妨げない低 MIPS
  • RTOS 抽象化レイヤによる多くの RTOS をドロップインサポート、また RTOS なしでも動作可

対応プロトコル

IPv4
TCP/IP UDP ARP
ICMP IGMP DNS client
DHCP client FTP server TFTP Server
TFTP client
IPv6
TCP/IP UDP NDP
ICMPv6 MLDv2 DNS client
DHCPv6 client FTP server TFTP Server
TFTP client
Option
PPP PPPoE HTTP server
HTTP client HTTPS server HTTPS client
FTPS server FTP client FTPS client
SNTP client NTP client SNMPv2 Agent/Manager
SNMPv3 Agent/Manager SSL/TLS,TLS1.3 IPsec/IKEv2
DHCP server Telnet server RIP
NAT MQTT client MQTTS client
SSH server SMTP client ESMTP client
MACsec APIPA(AutoIP)

HE-NET シリーズ向けアプリケーションパッケージ

HE-NET シリーズ向けセキュリティソフトウェア

主な用途(アプリケーション例など)

  • IoT 関連デバイス
  • ウェアラブルデバイス
  • 車載機器
  • 医療機器
  • 産業機器
  • FA 機器
  • 事務機器
  • セキュリティ機器
  • 家電

ユーザーメリット

  • 少ない ROM/RAM で動作するため、IoT デバイス向けワンチップマイクロコントローラへの組込みが可能
  • グローバル市場において豊富な実績のあるソリューション
  • 高い信頼性およびパフォーマンスの実現
  • MISRA 準拠の開発プロセスを経ることによるソフトウェアの検証性

HCCセキュリティ・ネットワーク製品構成ブロック図

移植・チューニング

移植請負開発も随時対応可能です。

【技術コラム】イーサネット今昔-CSMA/CD

CSMA/CD とは、複数の通信ノードが一つの伝送媒体を共有する古典的なバストポロジーを前提に、とりあえず送れるような雰囲気だったら送りましょう、もし同時送信があったら後で再送しましょう、というある意味乱暴な規格です。

最近になってLAN関連の技術にかかわった技術者は、CSMA/CD に注意を払うことがないと思います。
以前の LAN 技術者は、このエラー率や伝送遅延を運用上意識する必要がありました。

昨今のイーサネットは最低でも 100base-T となり、インテリジェントハブ接続を前提としたツリートポロジーで、しかも送受信全二重です。このため、送信が衝突するという事象は、運用上は過去のものとなっています。

しかし、ギガビットの時代になっても、MAC に CSMA/CD をサポートする機能は生きていました。これは、リピータハブへの接続が規格として存在しているためですが、そのリピータハブの需要は減少し、とうとう 10Gbase 規格において CSMA/CD のサポートは姿を消すこととなりました。

これにより、CSMA/CD は、完全に過去のものとなるわけです。

関連製品:HE-NET