MISRA 準拠 TCP/IP アプリケーションパッケージ HE-NET シリーズ向けアプリケーションパッケージ MQTT クライアント、HTTP クライアント/サーバプロトコルなどを提供

HCC 社の MISRA 準拠 TCP/IP プロトコルスタック HE-NET には、さまざまなアプリケーションパッケージが用意されてています。 いずれのアプリケーションも少ない ROM/RAM フットプリントで動作するよう設計されており、IoT デバイスなどのワンチップマイクロコントローラ向け TCP/IP ソリューションに最適です。

MQTT クライアントプロトコルHE-MQTT、HE-MQTTS

MQTT(Message Queue Telemetry Transport)は、軽量な「パブリッシュとサブスクライブ」モデルの TCP/IP 上で使用するためのメッセージング交換プロトコルです。MQTT の本来の目的は、限られた帯域幅を使用しながら複数のデバイスからデータを収集することです。現在、MQTT は、主にマシンツーマシン(M2M)システムの IoT 接続として使用されています。

HE-MQTT は、IoT デバイスの MQTT クライアント機能(パブリッシャ、サブスクライバ)を実装した製品です。HE-MQTT は、MQTT クライアントプロトコルを使用して、IoT クラウドサービスプロバイダの MQTT ブローカに接続することができます。また、TLS セキュアコネクション上に MQTT を実現した HE-MQTTS セキュアパッケージも用意しています。HE-MQTTS を使用することで、インターネットにおけるユーザデータの秘匿性、耐改竄性が担保可能です。

HE-MQTT は、少ない ROM/RAM フットプリントで動作するよう設計されているので、IoT エッジデバイスのワンチップマイコン向けセキュリティソリューションに最適です。

主な特長

  • MQTT.org が策定したMQTT v3.1.1 仕様に準拠
  • メッセージデータ(トピックス)のパブリッシュ(投函)、サブスクライブ(受信)を行う API を提供
  • Quality of Service (QoS) のレベル 0、1、2 をサポート
  • Last Will and Testament(LWT)によるクライアントダウン通知機能に対応
  • 保持されたメッセージの使用をサポート
  • クリーンセッション/継続的なセッションの認識
  • ユーザー名とパスワードによる認証をサポート
  • HE-MQTTS は TLS セキュアコネクションと X.509 証明書ベースの認証をサポート
  • CPU/OS 非依存、OS なしでも動作可能
  • 移植が容易なモジュール構造
  • グローバル市場において豊富な実績
  • ドロップイン・ソリューション
    MISRA C 準拠 TCP/IP スタック「HE-NET」にドロップイン可能

HTTP クライアントプロトコルHE-HTTP/C、HE-HTTPS/C

HE-HTTP/C は、HTTP クライアントプロトコルをサポートする製品です。IoT デバイスに HTTP プロトコルにカプセル化したクライアント/サーバ間の M2M 通信機能を提供します。メッセージ通信に HTTP プロトコルを利用する場合、ファイアウォールに遮断されない利便性があります。

主な特長

  • RFC2818 仕様に準拠
  • HTTP/1.1 の GET、HEAD、PUT、POST、DELETE メソッドをサポート
  • 特定の URI を指定するリソース志向の API
  • HE-HTTPS/C は https セキュアプロトコルをサポート

HTTP サーバプロトコルHE-HTTP/S、HE-HTTPS/S

HE-HTTP/S は、HTTP プロトコル(サーバ)をサポートする製品です。組込みデバイスへの WEB サーバ機能の構築を容易にします。 静的な HTML に加え、CGI による動的な HTML コンテンツ生成もサポートしています。UI 機能を持たない組込みデバイスに HTML ベースのユーザインタフェース(設定、状態表示)を作成することができます。HTML コンテンツは、ファイルシステムのボリュームに配置することに加え、ファイルシステムを持たないデバイスには ROM のデータとして記憶することが可能です。

HE-HTTPS/S(セキュア HTTP サーバパッケージ)を使用する場合には、TLS セキュアコネクションによってユーザデータを保護します。IoT ゲートウェイ等のクラウドにインタフェースする必要があるデバイスには、不正なプログラムからの盗聴、データの改竄を防止します。

主な特長

  • RFC2818 仕様に準拠
  • HTTP の GET、HEAD、PUT、POST、DELETE メソッドをサポート
  • HE-HTTPS/S は https セキュアプロトコルをサポート
  • コンフィギュアラブルな同時接続コネクション数
  • ファイルシステムレスなデバイスに ROM 化 HTML ページをサポート
  • CGI による動的な HTML コンテンツのサポート
  • ユーザ名/パスワード方式または IP アドレスによるユーザ認証をサンプルプログラムとして提供
HTTPメッセージ名 機 能
GET Request-URI によって識別される情報を取得する。
HEAD GET と同様。WEB サーバが保持しているメタデータのみを返す。
POST Request-URI を指定し情報を投函する。設定フォーム等のホームページで使用する。
PUT 送ったコンテンツが Request-URI の下に格納されることを要求する。
ファイル転送に使用される。
DELETE Request-URI で識別されるリソースを削除する。