Linux/Android 高速起動 Ubiquitous QuickBoot 独自技術で、わずか数秒~で瞬間起動しアプリケーションを実行状態へ

QuickBoot SDK は、お客様のターゲットボード環境に QuickBoot を実装するための SDK(ソフトウェア開発キット)です。

QuickBoot R2.0 SDK 仕様

大項目中項目小項目内容
ハードウェア要件サポート CPUArm アーキテクチャCortex-A5/A7/A8/A9/A15/A35/A53/A57/A72 をコアとする主要 SoC に対応
NXP i.MX6x/7x/8x シリーズ
RENESAS R-Car 第2世代/第3世代 各シリーズ, RZ/G1, RZ/G2 シリーズ
TI OMAP3/4/5シリーズ
Telechips TCC 892x/893x/897x/803x シリーズ
MediaTek MTK812x シリーズ
STMicro STA1295A, STM32MP1 シリーズ
XILINX Zynq(r)-7000シリーズ, Zynq(r) UltraScale+ MPSoC シリーズ
Intel Cyclone(r)V シリーズ、Marvell など
その他ご相談ください。
x86アーキテクチャIntel Atom プロセッサなど(Bay Trail プロセッサ, Apollo Lake プロセッサ) 
RAMサイズ数百キロバイト。QuickBoot BIOS / IRA、QuickBoot Storage BIOS で使用
不揮発性メモリ種類NOR フラッシュ、NAND フラッシュ、SD カード、eMMC、HDD など、スナップショットイメージ格納用として使用
サイズLinux / Android で使用しているメモリサイズ
圧縮サポートサポート有り(LZ4、zlib など 圧縮のサンプルコード同梱)
格納方式パックドイメージ(Packed Image)
圧縮イメージ(Compressed Image)
ストレージ共有Linux と QuickBoot で 1 つのストレージを共有可能
ソフトウェア要件サポートOSLinuxKernel 3.x, 4.x, 5.x その他については、お問い合わせください。
AndroidAndroid 7.x, 8.x, 9.x, 10.x 最新バージョンには、順次対応予定
オプションパッケージの QuickBoot Android Pack にてサポート

QuickBoot R2.0 Pro / Automotive Edition の比較

項目Pro EditionAutomotive Edition
SDK のプログラム提供形態ソースコード(一部バイナリ)ソースコード(一部バイナリ)
サポートSoC主要な SoC に対応特定 SoC
サンプル QuickBoot BSP (QBSP)
QuickBoot スナップショットイメージ格納用ストレージNOR / NAND / eMMC / SD ほか対応可NOR / NAND / eMMC / SD ほか対応可
起動モードStandard モード
Advanced モード
Super Read Boost(マルチコア)
Super Write Boost(マルチコア)
スナップショットイメージ 読み出しサイズの最適化機能
スナップショットイメージの圧縮
圧縮アルゴリズムサンプル(LZ4, LZF, zlib 他)およびユーザーが用意したものを選択可能サンプル(LZ4, LZF, zlib 他)およびユーザーが用意したものを選択可能
スナップショットイメージの取得任意のポイントで取得可能任意のポイントで取得可能
スナップショットイメージの複数面からの切替起動
スナップショットイメージユーティリティ
差分アップデート機能
電断対応ファイルシステム Datalight Reliance
Nitro/FlashFX Teraサポート
Android Pack
QuickBoot 起動中の割込み対応
QuickBoot 起動中のユーザースレッド実行 (マルチコア)

【凡例】 ○:標準サポート △:オプション