軽量 ECHONET Lite 対応ミドルウェア Ubiquitous ECHONET Lite 対応機器からコントローラーまで、機器開発に必要なソフトウェア群

ECHONET Lite とは

ECHONET Lite は、スマートハウスに必須となる HEMS (ホーム・エネルギー・マネジメント・システム) 向けのホームネットワーク用プロトコルとしてエコーネットコンソーシアムが策定した通信規格です。
近年、国家単位での電力需給問題やエネルギー問題に焦点が置かれる中、各家庭に応じたデマンドレスポンスの実現や電力消費の効率的な利用、また個人の生活に応じた家電機器コントロールが不可欠となっていますが、こうした中、経済産業省「スマートハウス標準化検討会」において、ECHONET Lite が「HEMS における公知な標準インタフェース」として推奨されています。
ECHONET Lite を導入することで、ホームオートメーション、デマンドレスポンスでの宅内機器制御、電力の見える化などが機器メーカーを問わずマルチベンダー間で実現できます。

Ubiquitous ECHONET Lite SDK ファミリ

Ubiquitous ECHONET Lite は、組込み環境でのデバイス (ECHONET Lite 対応の機器) またはコントローラー開発向けの Ubiquitous ECHONET Lite SDK、リッチな UI を持つコントローラーアプリ開発向け Ubiquitous ECHONET Lite Controller Application Framework SDK のファミリ製品をご用意しています。

これらのファミリ製品に共通して使用されているミドルウェアが、ECHONET Lite 通信処理部に相当するライブラリと移植層から構成されているUbiquitous ECHONET Lite Core Library です。このミドルウェアは、各種 OS・CPU に対応可能なため、お客様の既存のシステムに ECHONET Lite を追加する目的にも利用可能です。

対応仕様

Ubiquitous ECHONET Lite SDK ファミリは、以下の ECHONET Lite 規格に対応しています。今後リリースされる新しいバージョンの規格にも対応予定です。

  • ECHONET Lite 規格 ver.1.13
  • ECHONET 機器オブジェクト詳細規定 Release P