IoT 製品向け組込みソフトウェアのオールインワンパッケージ Ubiquitous RTOS IoT Enabler すぐに IoT 機器を開発できるプラットフォームソリューション

Ubiquitous RTOS IoT Enabler for EMS

EMS 機器向けソフトウェアのオールインワンパッケージ

iot-enabler-pic1.png

ソフトウェア構成

ユビキタスAI の IoT 製品向け組込みソフトウェアのオールインワンパッケージである RTOS IoT Enabler にスマートメーターやスマート家電など多くの EMS 機器で採用されている ECHONET Lite を統合したソリューションパッケージです。

ECHONET Liteは、エコーネットコンソーシアム によって策定されたエネルギーマネジメントやリモートメンテナンスなどのサービスを実現するための通信規格です。
センサー類、白物家電、設備系機器、ホームオートメーション、デマンドレスポンスでの宅内機器制御、電力の見える化など、省リソースの機器でも本パッケージを使用することで、機器メーカーを問わずに相互接続可能なマルチベンダー対応機器として、容易に IoT 化できます。

※EMS = Energy Management System

RTOS IoT Enabler for EMS でできること

RTOS IoT Enabler for EMS を使用することで、複数のソフトウェア調達に関連する契約業務が簡素化されるだけでなく、OSS 採用に伴うセキュリティ懸念、ソフトウェアの品質向上および長期の利用に耐えうる適切なアップデートが行われるか、といった問題から解放されます。さらに動作確認済みのソフトウェアパッケージとなるため、開発期間が大幅に短縮可能となり、ECHONET Lite 対応機器の開発工数の削減に寄与します。

ECHONET Lite の規格は以下のようにさまざまなデバイスクラスが定義されていますが、RTOS IoT Enabler for EMS では最新の ECHONET Lite 規格に対応してすべてのデバイスクラスに対応していますので、安心して ECHONET Lite 対応機器を開発できます。

対応デバイスクラス

センサー類、エアコン、照明などの省エネ機器、蓄電池、HP給湯機などの蓄エネ機器、太陽光発電、燃料電池などの創エネ機器、各種スマートメーターなどの計測機器、業務用パッケージエアコン、ショーケースなどの業務用機器の定義があり、機器の詳細な機器オブジェクト(制御コマンド)を定義しています。

エコーネットコンソーシアムでは、家庭用エアコン、蓄電池、太陽光発電、業務用パッケージエアコン、スマート電力量メーター(高圧・低圧)などの 10 種類以上の機器を重点機器と定めており、110 種類以上のすべての機器で高い相互接続性を実現しています。

iot-enabler-pic5.png
エコーネットコンソーシアムより抜粋

Ubiquitous ECHONET Lite 製品ページ