車載 ECU 開発向けツール Visu-IT! 社の車載 ECU 開発向けツール、ミドルウエア ECU 変数の管理システムから AUTOSAR 向けツール等まで幅広くラインアップ

Visu-IT! 社による以下の車載 ECU 開発向けツールは、無償でご利用いただけます。ご希望の場合は、本ページ内のお申し込みフォームよりお申し込みください。担当者よりダウンロードURLをメールにてお知らせいたします

  • VDM offline:ARXML、A2L、MDX を視覚化するツール
  • ELF-Viewer:ELF ファイルの DWARF セクション を視覚化するツール

※同業者の方のお申し込みはお断りしております。あらかじめご了承ください。

VDM offline

ARXML、A2L、MDX を視覚化するツールです。ファイルフォーマットに応じて異なったビューを提供し、直感的な理解が可能になります。

ARXM のオーバービューの例

コンポーネントとそれらの間の接続は、レイアウトのアルゴリズムによって配置され、ファイル内容の概要が把握できます。

最終階層レベル

ARXML の Runnables ビューの例

A2L ファイルの情報表示例

MDL ファイルの階層表示例

Visu-IT! VDM offline無償評価ツールは、以下よりお申し込みください

ELF-Viewer

ELF ファイルの DWARF セクション を視覚化するツールです。

  • ADD で EFL ファイルをインポートする前に、変数に間違いがないかの確認が容易に可能となります。(ソースコード無しの場合)
  • DEBUG セクションの情報と、変数を C コードで表示します。
  • SYBMOL-TABLE の情報を表示します。

Visu-IT!社「ELF-Viewer」無償評価ツールは、以下よりお申し込みください。

お申し込みフォーム