SDカード用デバイスドライバー SDドライバ Pro SD・SDHC・SDXC カードに対応したドライバ。SD フォーマッタ同梱。主要 SD コントローラに対応

sd.pngSDドライバ Pro は、機器組込み用に設計されたSDカード用デバイスドライバです。

従来のSDメモリカード(2GBまで)やSDHCメモリカード(4GB以上32GBまで)に加え、32GB以上2TBまでのSDXC(eXtended Capacity)カードに対応しています。SDXCでは、新規格「exFAT」が採用されました。ユビキタスAIコーポレーションでは、exFATファイルシステム 『exFiles』 や従来のFATファイルシステム 『HE-FILE』 と共に、SDドライバを提供いたします。CPU/OSに依存しない設計で、ソースコード提供のため、さまざまな環境で使用できかつ短時間でSDカードを組込み機器に搭載することができます。

主な特長

  • SDHC対応
    4GB以上32GBまでの容量を実現。
  • SDXC対応
    32GB以上2TBまでの容量を実現。
  • サポートするSD Specifications
    • SD Specifications Part 1 Physical Layer Specification Version 3.00
    • SD Specifications Part 2 File System Specification Version 3.00
  • SDドライバのフォーマッタがFAT32/exFATをサポート
  • カードのロック/アンロック機能サポート
  • 2ポート処理のサポート
    SDホストコントローラが2つあることが前提条件。
  • UHS(Ultra High Speed)対応
  • 挿抜監視タスクの追加
  • 各種SDコントローラ対応サンプルコードの提供
    SDA標準コントローラ、独自仕様コントローラ、CPU内蔵タイプ各種コントローラ。
  • SDA規格に準拠したコマンドをサポート
  • 省電力設計
    カードアクセス前後でのクロック駆動・停止など。
  • コンパクトサイズを実現
  • テストプログラム/サンプルフォーマッタ付属
  • 高い移植性
    CPU/OS非依存設計。
  • 保守・カスタマイズが安心
    100%C言語ソース提供。

対応コントローラ

SDドライバ Proは、下記SDコントローラへの対応実績があります。

  • NXP製i.MX21、i.MX31、i.MX6内蔵コントローラ
  • STマイクロエレクトロニクス製STM32内蔵コントローラ
  • アルテラ製Cyclone V内蔵コントローラ
  • TI製DMシリーズ内蔵コントローラ
  • ルネサス エレクトロニクス製SH内蔵コントローラ、RZ/A1内蔵コントローラ
  • シキノハイテック製SSQ-3000コントローラ
  • リコー製R5C807コントローラ
  • パナソニック製MN5772、MN5773、MN5774コントローラ

※その他のSDコントローラについては、別途委託開発を承っております。お気軽にお問い合わせください。

主な用途(アプリケーション例など)

  • ミュージックプレーヤ
  • デジタルカメラ
  • カムコーダ
  • プリンタ
  • カーナビ
  • カーオーディオ
  • 計測機器
  • 医療機器

ユーザーの利益性

さまざまな規格の新しい記録メディアが市場に登場している今日、市場性の高い記録メディアへの対応の遅れは、機器の製品価値を左右しかねません。しかし、それぞれの規格を一から調査してソフトウェア開発を行うには、多大な労力を必要とします。また、新しい規格は技術的ノウハウの蓄積が乏しく、製品完成後の動作実証にも時間をかける必要があります。お客様は、動作確認済みの市販のソフトウェア部品を導入することで、お客様独自のアプリケーションプログラムなどに貴重なリソースを集中させることができます。

技術サポート体制

1年間の技術サポートを有償で提供いたします。 開発段階の技術的な疑問に、電話やメールでサポート。 製品を熟知した専任サポートスタッフが、お客様の開発を強力にバックアップいたします。

移植・チューニング

お客様のハードウェアへの移植や、アセンブラによるチューニングなどのエンジニアリングサービスを別途提供しています。デバイスドライバは、ハードウェアに直接触れる最下位層をアセンブラチューニングすることにより、カードへのアクセススピードを高速化することができます。詳細は別途お問い合わせください。

技術コラム

【技術コラム】SDカードのライトプロテクト

SDカードは、側面にライトプロテクトスイッチを装備しています。
これは、ユーザーがSDカードへの書き込みを行いたくない場合、LOCK側にスライドさせることで「書き込み禁止」の意思表示をするためのものです。

スイッチ位置は、SDカードソケットを介してホスト側がモニタします。LOCK側にあれば、ホストは書き込み禁止のSDカードとして取り扱う必要があります。

ライトプロテクトスイッチは単に物理的にスライドするだけで、SDカード内部との電気的関連はありません。このため、書き込みを行わないようにするのはホスト側の責任となります(カセットテープやビデオテープのツメを折ってあれば、デッキが書き込み禁止と判断し録音ボタンが押せないのと似ています)。

ライトプロテクトスイッチで書き込み禁止の意思表示をしても、ホスト側で意図的に無視して書き込み可能にしてしまうこともできるため、ホスト側での適切な対処が求められます。

なお、SDカードに装備されているライトプロテクトスイッチですが、mini/microSDでは筐体を小さくしたため、これに該当するスイッチはありません。

また、書き込み禁止(≒リードはできる)とは異なるうえ、一般的にはあまり活用されていないようですが、SDカードには、CMD42によるPasswordを使った「Card Lock/UnlockOperation」というものも存在します。パスワードを設定すれば、書き込みだけでなく読み込みも含むデータアクセスができなくなるというものです。

関連製品:SDドライバPro

製品を探す