シングルコア向けRTOS TOPPERS-Pro/ASP μITRON 4.0 仕様のシングルコア向け高速 RTOS パッケージ

TOPPERS-Pro/ASPは、NPO法人TOPPERSプロジェクトが開発したオープンソースカーネル「TOPPERS/ASP」をベースに、ユビキタスAIコーポレーションが提供するRTOSソリューションパッケージです。

「TOPPERS/ASP」はTOPPERS新世代カーネルの基盤となる組込み向けリアルタイムカーネルで、TOPPERS新世代カーネル統合仕様に準拠しています。μITRON4.0仕様のスタンダードプロファイル準拠のリアルタイムカーネルであるTOPPERS/JSPカーネルを拡張・改良する形で開発されました。

TOPPERS-Pro/ASPは、シングルコア向け高速RTOSを必要とする多くの組込み分野に適したパッケージです。

※第3世代 TOPPERS 対応製品はこちら

主な特長

  • µITRON4.0仕様を拡張・改良したシングルコア向けのコンパクトなRTOS。
  • C1カバレッジを網羅するテストスイートが付属。
  • ターゲットへの移植が容易。

対応環境

TOPPERS-Pro/ASPは基本的にはどのようなプラットフォームでも使用可能です。
現在対応済みのプラットフォームは以下のとおりです。

<対応CPU>
RISC-V 【NEW!】
Cortex-M0/M3/M4/M7
Cortex-R4/R5
Cortex-A7/A8/A9/A53
ARM7/9/11
ARC EM
SH1/2/2A/4/4A
H8/H8S/R8C
M16C/M32C/M32R
RX610/62N/64M
RL78
V850
NiosII
MicroBraze
Atom

サポート機能

TOPPERS-Pro/ASPは以下の機能をサポートします。

ユーザーメリット

  • ユビキタスAIコーポレーションが提供する、豊富なミドルウェアが利用可能です。
  • 各社の開発環境、GNUなどの無償開発環境を、プロジェクトに応じて選択可能です。特定のベンダに縛られることがありません。

技術サポート体制

専任の担当者による技術サポートを提供します。

移植・チューニング

ユビキタスAIコーポレーションが提供するソフトウェアの移植サービスからアプリケーションの開発受託サービスなどを、別途承っております。開発期間が短い場合やエンジニアリングリソースが不足している時など、お客様に代わり経験豊富なエンジニアが移植、開発作業を行います。

【技術コラム】MCUとMPUの違い

組込みに使われるプロセッサは MCU(Micro Controller Unit)や MPU(Micro Processor Unit)と呼ばれます。この2つの違いは何でしょうか?

厳密な定義はありませんが、一般的にワンチップでコンピュータとして動作可能なのが MCU、メモリや外部入出力用に他のチップが必要なのが MPU と言われています。

一番大きな違いは、メモリを内蔵しているかどうかです。MCU は、通常固定アクセスレイテンシのメモリを内蔵しています。このため、命令実行時間の予測可能性が高く、リアルタイム処理に向いています。

しかし、近年では MCU と呼ばれるクラスのチップでもキャッシュを内蔵したり、DRAM などの外部メモリに対応したりするものが増えてきました。これらのチップでは、演算性能が高くなったかわりに予測可能性が低くなっています。

これまで以上に、目的に応じた適切なチップ選択が必要です。

関連製品:TOPPERS-Pro/ASP3TOPPERS-Pro/FMPTOPPERS-Pro/FMP3TOPPERS-Pro/HRP2TOPPERS-Pro/HRP3TOPPERS-Pro/HRMP3TOPPERS-Pro SafeGTOPPERS-Pro MDCOM

製品を探す