セキュリティ規格について

セキュリティ規格・ガイドラインは膨大な数に上り、 ファジングが含まれるものだけを抜き出しても相当数になります。(下図参照)

事業や情報資産を守るべく整備されているガイドラインも、加速する環境の変化に応じて改訂され続けているため、ただでさえ膨大な数の規格・ガイドラインに加え、それぞれのアップデートに追随する必要があります。そのような環境下で、自社の事業に関連するセキュリティ規格やガイドラインを抜け漏れなく把握し、「脆弱性検証手段の選定」「テスト環境の構築」「検出された脆弱性の解析」等を自社で実施するには相当なリソースとコストが必要になります。

セキュリティ規格・ガイドライン

共通

ISO 27000シリーズ

NIST SP 800シリーズ

モビリティ

ISO/SAE 21434、ISO 24089

WP.29

DOシリーズ、EDシリーズ

UN-R155/UN-R156

ISO/SAE 21434

TISAX

メディカル

ISO 14971

IEC 62304

IEC 60601シリーズ

JIS T 81001-5-1

産業

IEC 62443

IEC 61508

自社製品に特化したエラー判定の見極めや、客観的なエビデンスなどが求められるIoT機器セキュリティ検証は、専門家への相談が安心です。

より詳しい技術や関連製品について知りたい方へ

お気軽相談

本コラムに関係する技術や関連する製品について知りたい方は、お気軽にご相談ください。


製品情報

デバイス脆弱性テスト

IoT機器セキュリティ検証サービス

あらゆる機器のファジングから規格準拠支援までエキスパートが伴走
製品ページを見る

各国のIoT製品セキュリティ確保のための取り組み: 英国

コラムを読む

ソフトウェアテストの新常識:ファジング入門

コラムを読む

各国のIoT製品セキュリティ確保のための取り組み:欧州

コラムを読む

JIS T 81001-5-1に準拠した医療機器のセキュリティ対策

コラムを読む

各国のIoT製品セキュリティ確保のための取り組み:米国

コラムを読む

サプライチェーン攻撃と脆弱性テスト

コラムを読む

ファジングとは?

コラムを読む

脆弱性検証―何をどこまで実施すれば良い?

コラムを読む

HEMS機器の脆弱性検証

コラムを読む

ファジングの限界

コラムを読む